コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口入れ クチイレ

デジタル大辞泉の解説

くち‐いれ【口入れ】

[名](スル)
中に立って両者の間を取り持つこと。また、奉公口や縁談などの世話をすること。また、その人。
横合いから口出しをすること。
「いささか―を申したりけるを、俊頼腹だたしき気色にて」〈十訓抄・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くちいれ【口入れ】

( 名 ) スル
奉公先・縁談などの周旋をすること。また、それを業とする人。
口出しをすること。 「いささか-を申たりけるを/十訓 1
江戸時代、金銭の斡旋をすること。また、それを業とする人。 「我も人も請合、-をせりあひ/浮世草子・桜陰比事 5

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の口入れの言及

【女衒】より

…芸娼妓周旋人のこと。遊女の周旋は中世では〈人買い〉がこれを行い,江戸時代には〈人買い〉〈口入れ〉〈桂(慶)庵(けいあん)〉などとよぶ周旋業者がこれを兼ねたが,とくに娼妓を周旋する者を関東では女衒と俗称することがあった。生業上,女の姿形を見ることから〈女見(じよけん)〉といい,それがなまったものというが,確証はない。…

【人宿】より

…江戸時代,男女奉公人の周旋を業としたもの。町奉行所などの記録や法令では人宿とあるが,一般には,けいあん,口入,口入人などとよばれていた。人宿の語の初見は1640年(寛永17)であるが,より以前から使用されていたと思われる。江戸では若党や徒士(かち),中間(ちゆうげん)などの武家奉公人を多数必要とし,人宿を仲介とする雇用先の大半は武家方であった。人宿は奉公人の身元保証人(請人)となって判賃(判銭)を取り,また奉公先を周旋して契約が成立すると周旋料(口入料,口銭)をうけた。…

※「口入れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

口入れの関連キーワード相模屋政五郎清野 長太郎職業紹介制度幡随院長兵衛金看板甚九郎桂庵・慶庵清野長太郎円融天皇口入れ屋奉公人宿山名時煕職業紹介職工事情浮世草子口次ぎ素人宿周旋屋今参局他人宿周旋業

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口入れの関連情報