周産期死亡(読み)しゅうさんきしぼう

  • 周産期死亡 perinatal death

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妊娠満 22週(154日)以後の死産と,生後 1週未満の早期新生児死亡(→新生児死亡)を合わせたもの。周産期死亡率は,(妊娠満 22週以後の死産数+早期新生児死亡数)÷(出生数+妊娠満 22週以後の死産数)×1000 で表される。日本の周産期死亡率は 1951年には 46.7と高率を示していたが,しだいに改善されて 1桁に低下,国際的にもきわめて低率となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

妊娠満22週以後の死産と生後1週未満の早期新生児死亡をあわせたものを周産期死亡といい,出産数(出生数+妊娠満22週以後の死産数)1000対の周産期死亡率perinatal mortalityで観察する。 周産期死亡として観察することは,1950年以降WHOによって提唱されてきたものである。妊娠満22週以後の死産と早期新生児死亡とはともに母体健康状態に強く作用されるという共通点があること,各国での死産の定義が統一されておらず,出生直後の死亡も死産として届け出られることなどから,周産期死亡を出生をめぐる死亡として観察し,母子保健上の指標とするために提唱されたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android