コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周辺事態 シュウヘンジタイ

デジタル大辞泉の解説

しゅうへん‐じたい〔シウヘン‐〕【周辺事態】

日本の周辺地域で起こる、日本の平和と安全に重要な影響を与える事態。周辺事態法で定義された概念。そのまま放置すれば直接的な武力攻撃に至るおそれがある状況などをいう。
[補説]具体的には、日本周辺で、(1)武力紛争が発生した場合、(2)武力紛争の発生が差し迫っている場合、(3)紛争は停止したが秩序の回復・維持が達成されていない場合、(4)ある国で内戦が発生し国際的に拡大している場合、(5)政治体制の混乱により大量の避難民が発生し日本へ流入する可能性が高まっている場合、(6)ある国の行動が平和への脅威にあたるとして経済制裁が課される場合、などがこれにあたるとされる。周辺地域の範囲は明確に示されていない。周辺事態法を改正した重要影響事態法では、地理的な制約が除かれ、重要影響事態(そのまま放置すれば我が国に対する直接の武力攻撃に至るおそれのある事態等我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態)として定義されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

周辺事態

「そのまま放置すれば、日本への武力行使に至る恐れがある事態」と定義される。この下では、武力行使前でも日本が米軍に後方支援ができるとして97年の新ガイドラインに盛り込まれた。99年に周辺事態法が成立、後方支援の枠組みが法制度として整った。

(2011-06-15 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

周辺事態の関連キーワード武力行使の「新3要件」と、安全保障法制で作られる二つの「事態」日米防衛協力のための指針(ガイドライン)と周辺事態法集団的自衛権をめぐる現状日米物品役務相互提供協定日米防衛協力のための指針日米共同方面隊指揮所演習日米安全保障協議委員会重要影響事態安全確保法物品役務相互提供協定平和安全法制整備法ガイドラインの経緯周辺事態安全確保法日米安保共同宣言安全保障関連法案集団的自衛権研究周辺事態の6類型日米安全保障条約船舶検査活動法武力攻撃事態法重要影響事態法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

周辺事態の関連情報