和気(町)(読み)わけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和気(町)
わけ

岡山県南東部、和気郡の町。1901年(明治34)町制施行。1953年(昭和28)和気郡日笠(ひかさ)、藤野の2村と、本荘(ほんじょう)町、赤磐(あかいわ)郡石生(いわぶ)村と合併。2006年(平成18)和気郡佐伯(さえき)町と合併。吉井川の湾曲部に金剛(こんごう)川が合流する谷底平野が中心で、ほかは吉備(きび)高原南縁の丘陵性山地が多い。JR山陽本線、国道374号が通じる交通の要地で、山陽自動車道和気インターチェンジも設置されている。古代の山陽道は、金剛川北岸から現在の中心集落和気で吉井川を渡っていたが、のち南方の備前(びぜん)市側に移された。『和名抄(わみょうしょう)』の藤野郷、新田(にふた)郷などの地で、藤野には和気清麻呂(わけのきよまろ)を祀(まつ)る和気神社、和気清麻呂公碑、和気郡家跡がある。和気は近世在町(ざいまち)として商業が発達し、高瀬舟舟運の河港、片上往来の宿としても繁栄した。吉井川には田原井堰(たはらいぜき)(県指定史跡)がある。中央公民館は斬新(ざんしん)なデザインで海外にも紹介された。人口1万5362(2010)。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和気(町)の関連情報