コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジ フジ

5件 の用語解説(フジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フジ
フジ

四国最大のチェーンストアアスティ系。 1967年十和の全額出資により設立。 78年,株式額面変更のため山陽興業 (1950設立) に合併される。現在は,広島など中国地区にも大型店を展開中である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フジ

ナイジェリア,ヨルバ人のシキル・アインデ・バリスターがビアフラ戦争(1967年―1970年)のすぐあと創始したポピュラー音楽ジュジュから派生した音楽ではあるが,ギターをまったく使わず,イスラム的な歌とトーキング・ドラムを中心としたアフリカ打楽器だけから成る,野性味あふれる音楽。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

フジ

株式会社フジが展開するスーパーマーケットチェーン。主な出店地域は四国地方。1967年、愛媛県宇和島市に1号店オープン

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

フジ

正式社名「株式会社フジ」。英文社名「FUJI CO., LTD.」。小売業。昭和42年(1967)設立。本社は松山市宮西。チェーンストア業。愛媛県地盤で四国最大手。中国地区にも店舗展開。ショッピングセンター形式の出店が特徴。東京証券取引所第1部上場。証券コード8278。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フジ
ふじ / 藤
[学]Wisteria floribunda (Willd.) DC.

マメ科の落葉藤本(とうほん)(つる植物)。昔、大阪の野田がフジの名所だったので、ノダフジともいう。つるは右巻きで樹皮は灰色。葉は互生し、奇数羽状複葉で長さ20~30センチメートル。小葉は11~19枚、卵状長楕円(ちょうだえん)形で長さ4~10センチメートル、先はとがり、質は薄い。若葉には毛があるが、のちになくなる。5~6月、枝先に長さ30~90センチメートルの総状花序を垂れ下げ、下部から先へ順々に淡紫色または紫色の花を開く。花冠は蝶形(ちょうけい)で長さ約2センチメートル。果実は倒披針(とうひしん)形、長さ15~18センチメートルの扁平(へんぺい)な鞘(さや)で、短毛を密生する。果皮は堅く、10~11月に裂開する。種子は扁平な円形。山林に生え、本州から九州に分布する。棚づくりや盆栽にして観賞する。園芸品種に、花が白色のシロバナフジ、淡紅白色のアケボノフジ、淡紅色のモモイロフジ、花序が1メートル以上になるノダナガフジ、紫色で八重咲きのヤエフジ、小木のイッサイフジ、葉に白色または淡黄色の斑(ふ)が入るフイリフジ(カワリバフジ)などがある。
 近縁の別種ヤマフジW. brachybotrys Sieb. et Zucc.はフジと異なってつるは左巻きで、小葉は9~13枚と少なく、短毛を密生する。花序は短くて花は大きく、全体がほとんど同時に開花する。兵庫県以西の本州から九州に分布する。品種に、花が白色のシロカピタン、淡桃色のアケボノカピタン、藤紫(ふじむらさき)色で八重咲きのヤエヤマフジがある。[小林義雄]

栽培

水湿に富む排水のよい砂質土を好み、日当りのよい肥沃(ひよく)地でよく開花する。伸びた枝は元の部分の花芽を残して剪定(せんてい)し、冬季に樹形を整える。繁殖は実生(みしょう)、挿木、接木(つぎき)による。[小林義雄]

名所

各地にフジの名所があり、特別天然記念物の埼玉県春日部(かすかべ)市の「牛島(うしじま)のフジ」、国の天然記念物の岩手県一戸(いちのへ)町の「藤島のフジ」、宮城県川崎町の「滝前不動のフジ」、静岡県磐田市の「熊野(ゆや)の長フジ」、山梨県富士吉田市の「山ノ神のフジ」、福岡県八女(やめ)市黒木町黒木(くろぎまちくろぎ)の「黒木のフジ」などが有名である。同じく国の天然記念物である宮崎県宮崎市の「宮崎神社のオオシラフジ」は中国原産のシナフジW. sinensis (Sims) Sweetの白色花品である。[小林義雄]

文化史

フジはつるから繊維をとり、衣服を編んだ。藤衣(ふじごろも)は『万葉集』に「須磨(すま)の海人(あま)の塩焼衣(しおやきぎぬ)の藤衣(ふじころも)間遠にしあればいまだ着なれず」(巻3)や「大王(おおきみ)の塩焼く海人の藤衣なれはすれどもいやめづらしも」(巻12)と、作業着として詠まれている。フジの衣服はじょうぶだが、肌ざわりが悪く、麻などにとってかわられ、10世紀までには通常の衣類から姿を消し、わずかに喪服として用いられた(『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』)。繊維をとったフジはノダフジで、ヤマフジより繊維が強い。フジ糸はつるを槌(つち)で打ち、皮をむき取り、灰汁(あく)で煮て、流水でさらし、乾かしたのち手でほぐし、撚(よ)りをかけてつくった。近年まで畳の縁はその糸で編んだ布が使われていた。諏訪(すわ)大社の御柱(おんばしら)を山から切り出し引く縄は、ノダフジの糸で綯(な)われていた。[湯浅浩史]

文学

早く『古事記』中・応神(おうじん)天皇条に、春山之霞壮夫(はるやまのかすみおとこ)が伊豆志袁登売(いずしおとめ)に求婚したときに、衣服や弓矢がことごとく藤の花になった、という話が伝えられている。すでに『万葉集』から数多く詠まれており、「藤波の花は盛りになりにけり奈良の都を思ほすや君」(巻3・大伴四綱(おおとものよつな))のように、「藤波」という形が多く、季節は春から夏にかけて詠まれているが、どちらかというと夏が主流で、「時鳥(ほととぎす)」と配合される例もしばしばみられる。
 平安時代に入って、勅撰集(ちょくせんしゅう)の部立(ぶだて)では、『拾遺集(しゅういしゅう)』の夏を除き、おおむね春の歌材となっている。水辺の松に藤の花が咲きかかる構図は、大和絵(やまとえ)の画題の一つであるが、和歌にもしばしば詠まれ、「淵(ふち)」を懸詞(かけことば)とする例も多い。藤花(とうか)の宴もよく催され、『源氏物語』にも「花宴(はなのえん)」「藤裏葉(ふじのうらば)」「宿木(やどりぎ)」などにみえる。『枕草子(まくらのそうし)』「木の花は」の段には「藤の花は、しなひ長く、色濃く咲きたる、いとめでたし」と賞賛されているが、『花月草紙(かげつそうし)』は「殊(こと)におのれひとり盛りを見することかたく、かならず異木(ことき)によりて丈高き勢(いきほひ)見する」として、高い評価は与えていない。季題は春。[小町谷照彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フジの関連キーワードナイジェリアマラディヨルバ語ヨルバ族ロコジャプロジェリアビアフラベヌエ[川]ナイジェリア国民党ナイジェリア連邦共和国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フジの関連情報