コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和知[町] わち

百科事典マイペディアの解説

和知[町]【わち】

京都府中部,船井郡の旧町。由良川中流域の山地を占め,農林業を営む。クリなどの特産がある。線材加工,自動車部品の加工が行われる。山陰本線が通じる。2005年10月,船井郡丹波町,瑞穂町と合併し町制,船井郡京丹波町となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わち【和知[町]】

京都府中部,船井郡の町。人口4310(1995)。丹波高地にあって町域のほとんどは山地で,西流する由良川に注ぐ上和知川,高屋川の沿岸にわずかに平地がある。中世には仁和寺領和知荘があり,同荘の鎮守としてまつられた阿上三所(あじようさんしよ)神社は本庄(ほんじよ)にあり,のち地頭の片山氏によって坂原と下粟野にも分祀された。江戸時代は園部藩領で,水路をひいて子来(ねごろ)新田などが開発されている。森林資源にめぐまれて良材を産するほか,和知栗,黒大豆の特産もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android