コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由良川 ゆらがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由良川
ゆらがわ

京都府北部の川。丹波山地東端の三国岳 (959m) に発して西流,高屋川,上林川を合流して福知山盆地を貫流し,土師 (はぜ) 川,牧川が合流する福知山付近で北東に向きを変え,若狭湾の支湾栗田 (くんだ) 湾に注ぐ。全長 146km。福知山盆地では盆地底の標高が低く,出口も狭いため,たびたび大洪水を引起した。現在は堤防が築かれ,上流部に洪水防止をも目的とする大野ダムが 1961年に建設された。鉄道開通以前は西廻航路と結びついて,福知山と河口の由良港との間に水運が盛んであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆら‐がわ〔‐がは〕【由良川】

京都府北部を流れる川。滋賀との県境の三国岳に源を発し、西流して福知山盆地で北に転じ、若狭湾に注ぐ。長さ146キロ。江戸時代、福知山と由良港とを結ぶ水路として利用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

由良川【ゆらがわ】

京都府北部の川。長さ約146km。滋賀県境の三国岳に発し丹波高地を西流,福知山盆地から北流して宮津市の東で若狭湾に注ぐ。古名は大芋(おくも)川で,古代より魚漁がみられた。
→関連項目綾部[市]大江[町]雀部荘田辺日吉[町]福知山福知山[市]美山[町]夜久野[町]和知[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆらがわ【由良川】

京都府,滋賀県,福井県境の三国岳(776m)付近に発して西流,福知山盆地西端付近から北流して宮津市由良で若狭湾中の栗田(くんだ)湾に注ぐ川。幹川流路延長146km,全流域面積1880km2。上流部では大野川,京都府船井郡和知町付近では和知川,福知山市付近では音無瀬(おとなせ)川などとも呼ばれ,古くは天田(あまだ)川,大芋(大雲)(おくも)川などの称もあった。上流部では峡谷や河岸段丘を形成する。集水域が広く,福知山盆地では土師(はぜ)川,牧川など多くの河川の水が集中,盆地出口が狭隘なためしばしば洪水が起こった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆらがわ【由良川】

京都府北部の川。三国岳に発し丹波高地を西流、福知山盆地から北流して若狭湾に注ぐ。長さ146キロメートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕由良川(ゆらがわ)


京都府北部を流れる川。1級河川(由良川水系)。延長146km。流域面積1880km2。京都・滋賀・福井の府県境、三国(みくに)岳(標高776m)付近に源を発し、西流して福知山(ふくちやま)盆地を流れ、北東流に転じ、丹波(たんば)高地と丹後(たんご)山地の間の狭隘(きょうあい)部を抜けて若狭(わかさ)湾支湾の栗田(くんだ)湾に注ぐ。江戸時代は河口から福知山まで水運が行われた。下流を丹後山地に遮られた福知山盆地は水害が頻発、上流に洪水調節・発電用の大野(おおの)ダム・和知(わち)ダムがつくられた。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

由良川
ゆらがわ

京都府中央部の丹波(たんば)高地から北流して日本海に注ぐ川。一級河川。延長146キロメートル、流域面積1880平方キロメートル。京都府と滋賀県、福井県境の三国(みくに)岳(776メートル)に源を発し、高屋(たかや)川、上林(かんばやし)川などの支流を集めて福知山盆地を東から西に貫流する。盆地の西端で土師(はぜ)川、牧(まき)川をあわせ、流路を北に転じて宮津(みやづ)市と舞鶴(まいづる)市にまたがる栗田(くんだ)湾で日本海に流入する。福知山盆地から上流は4、5段の河岸段丘が発達する。福知山盆地では河床勾配(こうばい)が緩やかとなって氾濫原(はんらんげん)が広がるが、盆地西端の部分は狭隘(きょうあい)のため洪水が発生しやすく、高さ11メートルの堤防を巡らし、上流には洪水調節用の大野ダム、和知ダムが築造されている。江戸時代には福知山と河口の由良港までを中心に水運が盛んであったが、1904年(明治37)の鉄道の開通で衰退した。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の由良川の言及

【福知山盆地】より

…東部は綾部市,西部は福知山市に属する。丹波高地と丹後山地の間,由良川流域の東西に長い構造性の盆地で,周辺には標高450m前後の山地や長田野(おさだの),以久田野などの洪積台地が発達し,河岸段丘が形成される。盆地東端から流入した由良川は,西流して南東からの土師(はぜ)川,南西からの和久川,西からの牧川などを合わせ,北に向きを変えて流れ出る。…

※「由良川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

由良川の関連キーワードドッコイセ福知山花火大会京都丹波高原国定公園美山町自然文化村由良(京都府)福知山[市]夜久野[町]京丹波[町]瑞穂[町]三和[町]綾部[市]和知〈町〉和知[町]丹波[町]市島[町]美山[町]春日[町]市島〈町〉日吉[町]西紀[町]大江[町]

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由良川の関連情報