コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咸錫憲 かんしゃくけんHam Soku‐hŏn

世界大百科事典 第2版の解説

かんしゃくけん【咸錫憲 Ham Soku‐hŏn】

1901‐89
韓国の宗教家思想家平安北道出身。1928年東京高師卒業。在学中金教臣らと内村鑑三の聖書集会に出席。帰国後母校の五山学校で教師。解放後ソウルに移り,56年から《思想界》誌上で本格的な評論活動を展開。70年にはみずから《シアレソリ(民の声)》誌を創刊(1980発禁)。苦難にある民衆の視点から社会や教会のあり方を問い続け,韓国民衆運動のシンボル的な存在であった。著書として《死ぬまでこの歩みで》《人間革命》などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

百科事典マイペディアの解説

咸錫憲【かんしゃくけん】

韓国の思想家,宗教家。不屈の独立運動家であり,民主活動家。平安北道の生まれ。1919年,平壌高等普通学校に入学するが,三・一独立運動に参加,学校を追放される。1921年,五山学校に入り,1923年,東京高等師範学校に進学,1928年,同校を卒業して五山学校の教師となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

咸錫憲の関連キーワード三一独立運動民主救国宣言ハンソクホン3月13日

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android