コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐茶 カラチャ

3件 の用語解説(唐茶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

から‐ちゃ【唐茶】

中国式に飲む茶。ふたのある茶碗に茶の葉を入れ、熱湯を注いで飲む。
色の名。赤みがかった茶色。

とう‐ちゃ〔タウ‐〕【唐茶】

の変種。茶より大形の低木。葉は飲用になる。にがちゃ。
中国渡来の茶。
酒をいう僧侶仲間の隠語。
「―の御馳走になりまして、大酩酊いたしました」〈伎・富士額男女繁山

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうちゃ【唐茶】

ツバキ科の常緑低木。茶と似ているが全体に茶よりも大きい。茶と同じようにして葉を飲用する。にが茶。
中国渡来の茶。 「茶出しに-つまみこむ/浄瑠璃・博多小女郎
酒の隠語。主に僧の間で使った。 「一名これを-といふ。くつと飲んではくつとゆき、ずつと酔ひてはすつと寝る/洒落本・売花新駅」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone