(読み)おし

精選版 日本国語大辞典「唖」の解説

おし【唖】

〘名〙 (「おうし」の変化した語) 発声や聴覚の器官の障害によって、言葉を発することができないこと。音声による話ができないこと。また、その人。聴覚を失っているための言語障害の場合を聾唖(ろうあ)、聴覚は完全で、言語機能だけが失われている場合を聴唖(ちょうあ)という。おうし。
※源氏(1001‐14頃)常夏「をしことどもりとぞ、大乗そしりたる罪にも、数(かず)へたるかし」

おうし おふし【唖】

〘名〙 =おし(唖)
※書紀(720)天智七年二月(北野本訓)「の三を建皇子と曰す。唖(オフシ)にして語(まことと)ふこと能はず」
※雑俳・媒口(1703)「めづかいで唖が遣ふぞうりとり」

おっし【唖】

〘名〙 (「おうし」の変化した語) =おし(唖)
仮名草子・可笑記(1642)三「無事にてはば、おっし・文盲・あきじりめくらのごとくにて、人間の諸用かなはず」

あ【唖】

声に出して話すことのできない障害。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「五指僅に動ひて、意は已に通ず、〈略〉其唖なるを知らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android