コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉輪 ノドワ

デジタル大辞泉の解説

のど‐わ【喉輪】

鎧(よろい)の小具足の一。首にかけて、のどから胸板の上のすきまを覆うもの。月形の鉄に小札(こざね)の板二段の垂(たれ)を革製の蝙蝠付(こうもりづけ)で取り付ける。
喉輪攻(のどわぜ)め」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のどわ【喉輪】

甲冑かつちゆうの付属具。月形という半月状の鉄板に小札こざねの板を二段下げたもの。月形を首にかけのどから胸板の上のすき間を守るもの。
喉輪攻め 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喉輪
のどわ

喉と胸の上部を防護する甲冑(かっちゅう)の小具足。涎懸(よだれかけ)ともいい、同様のものに曲輪(ぐるわ)がある。発生したのは南北朝時代ごろで、室町時代に流行しておもに胴丸(どうまる)、腹巻に添えられた。喉輪の構成は、月形(つきがた)という馬蹄(ばてい)形の鉄製漆塗りの金具に、扇面形の小札板(こざねいた)二段の下(さ)げを、革製の蝙蝠付(こうもりづけ)という装置で取り付ける。月形の両端に設けた緒を首の後ろに回して結び着装する。このようすは愛知県地蔵(じぞう)院所蔵『出陣影(しゅつじんえい)』、東京永青(えいせい)文庫所蔵「細川澄元画像」などに描写され、遺物は島根県日御碕(ひのみさき)神社に初期の喉輪が伝来するほか、室町時代以降のものが各地の社寺や個人の所蔵品中に多数ある。
 曲輪は室町末期ごろに現れ、おもに腹巻に添えられた。月形のかわりに蝶番(ちょうつがい)で連接した横長の鉄板を、立襟(たてえり)のように頸部(けいぶ)を取り巻く形として、首回りの防護力を強化した点が喉輪と異なる。下げは板物(いたもの)製が多く製作も劣るが、機能的には喉輪同様である。近世に入り、頬当(ほおあて)の流行に伴い喉輪、曲輪ともに衰退したが、江戸中期以降、復古調の甲冑の付属具としてふたたびつくられた。[山岸素夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の喉輪の言及

【鎧】より

…また綿嚙,蝙蝠付,弦走,兜の吹返しなど,小札地を染韋で張り,または革を心に染韋で包んだ部分を革所と総称している。また大鎧には兜,大袖を具足するほかに喉輪(のどわ),籠手(こて),臑当(すねあて)(鎌倉末期以後は大立挙臑当を使用した)などの小具足を付属し,《伴大納言絵詞》《平治物語絵巻》《蒙古襲来絵詞》などに描かれている。籠手は片籠手と称し,弓手(ゆんで)のみを普通とする。…

※「喉輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

喉輪の関連キーワードチョークスラム五月人形当世具足喉輪攻め

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android