喞筒(読み)ショクトウ

デジタル大辞泉の解説

しょく‐とう【×喞筒】

ポンプのこと。

そく‐とう【×喞筒】

ポンプのこと。

ポンプ(〈オランダ〉pomp)

外部から機械的エネルギーを受け、流体に圧力を与えて送り出したり高所へ上げたりする装置。揚水・排水・圧縮などに用いられる。構造から渦巻きポンプ・軸流ポンプ・往復ジェットポンプなどに分ける。
[補説]「喞」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょく‐とう【喞筒】

〘名〙 水や空気を送る筒。ポンプ。そくとう。〔種樹書〕

そく‐とう【喞筒】

〘名〙 (「そく」は「喞」の慣用音) 水や空気を送る筒。ポンプ。しょくとう。
気海観瀾広義(1851‐58)一「筒管を造り、喞筒を以て間断なく新気を輸す」

ポンプ【喞筒】

〘名〙 (pomp)
① 圧力の働きにより液体や気体を高所へ上げたり、送り出したりする装置。用途により揚水・排水・送水・圧縮ポンプなどあり、構造から往復・渦巻・ジェットポンプなどに大別される。しょくとう。
暦象新書(1798‐1802)中「ポンプは元来水を揚るの器物の名なり」
② ①を車や自動車に装置して、ホースの先端から水を噴出させるようにした消火設備。消防ポンプ。
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉四「火消人足の中にはポンプを引きて行く者有り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喞筒の関連情報