コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴火警報 ふんかけいほう

3件 の用語解説(噴火警報の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

噴火警報
ふんかけいほう

噴火災害(→火山災害)を軽減するため,気象庁活火山を対象に気象業務法に基づき発表する情報。2007年12月1日開始。噴火警報は居住地や火口周辺に影響のある噴火が予想される場合に発表され,噴火予報は噴火警報が解除される場合や平常の火山活動が継続する場合に発表される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふんか‐けいほう〔フンクワ‐〕【噴火警報】

火山の噴火による災害を軽減するために、気象庁が全国110の活火山を対象として発表する警報。大きな噴石火砕流融雪型火山泥流など生命に危険を及ぼす火山現象の発生や、危険が及ぶ範囲の拡大が予想される場合に、警戒が必要な範囲を示して発表される。
[補説]警戒が必要な範囲が火口周辺に限られる場合は「噴火警報(火口周辺)」(略称「火口周辺警報」)、その範囲が人の住む地域まで及ぶ場合は「噴火警報(居住地域)」(略称「噴火警報」)として発表される。噴火警戒レベルが運用されている火山では、レベル2および3が噴火警報(火口周辺)、レベル4および5が噴火警報(居住地域)に相当する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふんかけいほう【噴火警報】

気象庁が発表する、火山の活動状況に関する情報。全国の活火山を対象とし、居住地域や火口周辺に影響が及ぶ噴火の発生が予想された場合、予想される影響範囲を付した名称で発表される。噴火災害軽減を目的として 2007 年(平成 19)12 月に発表を開始。 → 噴火警戒レベル噴火予報

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

噴火警報の関連キーワード管区気象台気象大学校海洋気象台地方気象台中央気象台WINDAS気象白書MICOS気象庁震度階級気象庁風力階級

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

噴火警報の関連情報