四体(読み)したい

精選版 日本国語大辞典「四体」の解説

し‐たい【四体】

〘名〙
① 頭・・手・足。また、からだ全体をいう。全身。〔十巻本和名抄(934頃)〕
都鄙問答(1739)二「先四体(シタイ)は一つなれども、首は上に有て足の代にならず」 〔論語‐微子〕
俳句風体の四種の別。雅体・野体・俗体・鄙体(ひたい)をいう。
③ 書の四つの体。草・章草・隷・散隷、または古文・隷・草をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「四体」の解説

【四体】したい

手足。〔論語、微子〕子路問うて曰く、子(し)、夫子(ふうし)を見たるかと。人曰く、四體めず、五たず、孰(たれ)をか夫子と爲すと。其のを植(た)てて(くさぎ)る。

字通「四」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android