コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四条隆謌 しじょう たかうた

4件 の用語解説(四条隆謌の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

四条隆謌

幕末・明治の公卿。七卿の一人。侯爵・陸軍中将・元老院議官貴族院議員等を務める。安政勤王八十八廷臣の一人。戊辰の役で勲功がある。明治31年(1898)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四条隆謌 しじょう-たかうた

1828-1898 幕末-明治時代の公家,軍人。
文政11年9月9日生まれ。文久3年国事寄人(よりゅうど)となり,攘夷(じょうい)決行を主張。八月十八日の政変三条実美(さねとみ)ら6卿と長州にのがれる。王政復古で復位し,戊辰(ぼしん)戦争では錦旗奉行,中国四国追討総督,仙台追討総督などを歴任。のち陸軍中将,元老院議官,侯爵となる。明治31年11月24日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

四条隆謌

没年:明治31.11.24(1898)
生年:文政11.9.9(1828.10.17)
幕末明治初期の公家,いわゆる七卿のひとり。陸軍軍人。公家四条隆生の子として京都に生まれる。開国後,尊王攘夷論者として朝廷権力拡大に尽くす。文久3(1863)年の8月18日の政変で失脚,官位を奪われ,三条実美ら6人と共に長州(山口県)に下る。慶応3(1867)年の王政復古で復位し上京。翌年から始まる戊辰戦争では,仙台追討総督,奥羽追討平潟口総督を務めた。長州藩士木梨準一郎,鳥取藩士河田景与らを参謀として用い,仙台藩を降伏に追いこんだ。のち大阪,名古屋などの鎮台司令長官を歴任。明治14(1881)年陸軍中将に進む。<参考文献>大山柏『補訂戊辰役戦史』上下

(山村義照)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四条隆謌
しじょうたかうた

[生]文政11(1828).9. 京都
[没]1898.11.23. 東京
幕末の尊攘派公卿。七卿の一人。父は隆生。文久三年八月十八日の政変で失脚して三条実美らと長州藩に逃れ (→七卿落 ) ,王政復古後復位し,戊辰戦争以後陸軍軍人として活躍。のち侯爵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の四条隆謌の言及

【四条家】より

…藤原氏北家の流れ。家格は羽林家。大納言を先途とする。贈太政大臣藤原房前の子左大臣魚名の三男美作守末茂から出て,平安時代末の中御門中納言家成の男権大納言隆季を始祖とし,以後四条家と称した。家名は隆季が四条大宮に居を構えたのにちなみ大宮家とも称した。当家は包丁道の家として有名で,料理調進の作法を伝えているが,また笙(しよう)を家業ともした。隆季の子権大納言隆房は,鎌倉時代初頭の歌人として知られている。政治史的には南北朝期,南朝にあって活躍した四条隆資・隆俊父子や,北朝に仕えた四条隆蔭は有名。…

※「四条隆謌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四条隆謌の関連キーワード壬生基修三条家ひとり言議官坂上望城斗南の一人青公家いわゆるひとつのチョーさん主義愛若小栗三郎