コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凝る コゴル

デジタル大辞泉の解説

こご・る【凝る】

[動ラ五(四)]
液体状のものが、冷えたり凍ったりして凝固する。「魚の煮汁が―・る」
「食うものはなくなった。水筒の水は―・ってしまった」〈黒島渦巻ける烏の群
手足がかじかんで、自由がきかなくなる。
「兵(つはもの)手―・って弓を引くにかなはず」〈太平記・四〉

こ・る【凝る】

[動ラ五(四)]
ある物事に熱中して打ち込む。ふける。「盆栽に―・っている」「ゴルフに―・る」
細かいところにまで心を用いる。工夫・趣向を凝らす。「家のつくりに―・る」「―・った衣装をまとう」
血行が悪くて筋肉が張ってかたくなる。「肩が―・る」
ばらばらのものが集まって固まる。
「湯気ならば、空に―・って雲ともなり」〈里見弴多情仏心
冷えて固まる。凍る。
「露が―・って霜になる時節なので」〈漱石

しこ・る【凝る/×痼る】

[動ラ五(四)]
しこり1ができる。
「胃のうしろから腰へかけて、…ぎこちなく―・っていたので」〈里見弴安城家の兄弟
物事に熱中する。
「何れも我一(われいち)と―・りかかって責め念仏を申し」〈咄・露がはなし・四〉
動詞の連用形に付いて補助動詞的に用い、盛んに…する意を表す。
「雨の降り―・る後は風と見定め」〈浮・置土産・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こごる【凝る】

( 動五[四] )
水分を含んだものが冷えて固体やゼリー状になる。 「魚の煮汁が-・る」 「息が-・る」
手足がかじかむ。 「手-・つて弓をひくに叶はず/太平記 4

こる【凝る】

( 動五[四] )
(「…にこる」の形で)趣味・スポーツなどに夢中になる。ふける。 「盆栽に-・る」 「占いに-・る」
細かい点まで趣味を貫く。意匠をこらす。 「 - ・ったデザイン」 「あのレストランは食器類まで-・っている」
筋肉が張ってこわばる。 「肩が-・る」
一か所に寄り集まる。また、氷結する。 「銀精いまだ-・り成さざる如き水/不二の高根 麗水」 「雪衾ふすまのごと-・りて/宇津保 吹上・下」 〔「凝らす」に対する自動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凝るの関連情報