コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凝る コゴル

デジタル大辞泉の解説

こご・る【凝る】

[動ラ五(四)]
液体状のものが、冷えたり凍ったりして凝固する。「魚の煮汁が―・る」
「食うものはなくなった。水筒の水は―・ってしまった」〈黒島渦巻ける烏の群
手足がかじかんで、自由がきかなくなる。
「兵(つはもの)手―・って弓を引くにかなはず」〈太平記・四〉

こ・る【凝る】

[動ラ五(四)]
ある物事に熱中して打ち込む。ふける。「盆栽に―・っている」「ゴルフに―・る」
細かいところにまで心を用いる。工夫・趣向を凝らす。「家のつくりに―・る」「―・った衣装をまとう」
血行が悪くて筋肉が張ってかたくなる。「肩が―・る」
ばらばらのものが集まって固まる。
「湯気ならば、空に―・って雲ともなり」〈里見弴多情仏心
冷えて固まる。凍る。
「露が―・って霜になる時節なので」〈漱石

しこ・る【凝る/×痼る】

[動ラ五(四)]
しこり1ができる。
「胃のうしろから腰へかけて、…ぎこちなく―・っていたので」〈里見弴・安城家の兄弟〉
物事に熱中する。
「何れも我一(われいち)と―・りかかって責め念仏を申し」〈咄・露がはなし・四〉
動詞の連用形に付いて補助動詞的に用い、盛んに…する意を表す。
「雨の降り―・る後は風と見定め」〈浮・置土産・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こごる【凝る】

( 動五[四] )
水分を含んだものが冷えて固体やゼリー状になる。 「魚の煮汁が-・る」 「息が-・る」
手足がかじかむ。 「手-・つて弓をひくに叶はず/太平記 4

こる【凝る】

( 動五[四] )
(「…にこる」の形で)趣味・スポーツなどに夢中になる。ふける。 「盆栽に-・る」 「占いに-・る」
細かい点まで趣味を貫く。意匠をこらす。 「 - ・ったデザイン」 「あのレストランは食器類まで-・っている」
筋肉が張ってこわばる。 「肩が-・る」
一か所に寄り集まる。また、氷結する。 「銀精いまだ-・り成さざる如き水/不二の高根 麗水」 「雪衾ふすまのごと-・りて/宇津保 吹上・下」 〔「凝らす」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

凝るの関連キーワードフォーリンラブスタイリスト佐々木 秀光牛島 憲之碁・棊・棋痃癖・肩癖ドライアイたばこ入れ数寄屋造不定愁訴肩が張る耳飾り床の間ケージ洒落女凝らす洒落者骨董時節今世

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凝るの関連情報