コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国後・目梨の戦 くなしりめなしのたたかい

百科事典マイペディアの解説

国後・目梨の戦【くなしりめなしのたたかい】

1789年松前藩の〈奥蝦夷地(おくえぞち)〉に設けられた商場(あきないば)で起きたアイヌの蜂起。1669年−1671年のシャクシャインの戦で敗北した東西両蝦夷地のアイヌは,元禄・享保期(1688年−1736年)に場所請負(ばしょうけおい)制が成立すると,交易相手から漁場の労務者へと変質させられていった。
→関連項目最上徳内

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

国後・目梨の戦の関連キーワードシャモ(和人)シャクシャイン場所請負制魔神の海

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android