土地区画整理事業(読み)とちくかくせいりじぎょう

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

土地区画整理事業

土地区画整理法による市街地の開発手法。阪神大震災や戦災復興で活用されてきた。地権者から少しずつ土地を提供してもらい、道路を広げたり公園をつくったりする。東日本大震災でも市町村が計画をつくり、主に国費で造成している。本来は区画を整える事業だが、将来の津波に備えるため、特例的に土地のかさ上げ工事も合わせて進めている。

(2016-09-11 朝日新聞 朝刊 3総合)

土地区画整理事業

代表的なまちづくり手法の一つで、戦後復興や災害復興、ニュータウンの開発などに用いられた。地権者が少しずつ土地を提供(減歩)して道路や公園などの公共用地、販売して事業資金にあてる保留地(宅地)を生み出し、造成をする。地権者に新たに割り当てられる土地(換地)は狭くなるが、計画的な道路配置で整然とした街並みになり、資産価値が高まる。全国で約37万ヘクタール、県内では約9千ヘクタールが施行済みないしは施行中だ。

(2017-05-14 朝日新聞 朝刊 静岡・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土地区画整理事業の関連情報