コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公用負担 こうようふたん

6件 の用語解説(公用負担の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公用負担
こうようふたん

特定の公益事業の目的のために公法上強制的に行政客体に課せられる経済的負担。警察上の負担や財政上の負担とはその目的において区別される。特定の人に関連して課せられる負担である人的公用負担として,負担金,労役または物品負担夫役現品,施設負担,不作為負担が,特定の財産権に関連して課せられる負担である物的公用負担として公用制限公用収用公用権利変換 (公用換地権利変換) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうよう‐ふたん【公用負担】

国や公共団体が特定の公益事業の目的に供するために、強制的に国民に課する経済的負担。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

公用負担【こうようふたん】

公益事業のために強制的に人民に課せられる経済的負担。おもに土地に関する公用収用,各種の負担金労役負担,物品負担などがある。これらの負担を課するには法律上の根拠を必要とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうようふたん【公用負担】

一定の行政計画に従った国土の開発,利用,保全等合理的な土地利用を図り,あるいは公共施設の整備その他公共事業の需要を満たし,特定の物の効用をまっとうするために,私人に対して強制的に課せられる経済的負担をいう。これらを実施する過程において土地等を必要とする場合には,売買契約の手段によりそれを取得すればよいのであるが,権利者の同意が得られない場合や,緊急を要するために通常の契約の手段によりがたい場合があり,特定の財産権を強制的に取得し,あるいは制限するのでなければ,その計画目的を達成することができない場合が少なくない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうようふたん【公用負担】

特定の公益事業の目的のために、法律に基づき国民に強制的に課せられる経済的負担。公用制限・公用収用などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公用負担
こうようふたん

特定の公益事業(公共の利益となる事業)の需要を満たすために強制的に国民に課せられる経済的負担をいう。公益事業のため必要欠くべからざる物や労力を権利者から任意に取得できない場合に備えて認められている制度である。ここでいう公益事業は国または公共団体が行うもの(庁舎、学校、道路、公園、河川等の建設、災害対策)であるか、民営(電気、ガス、地方鉄道等)であるかを問わない。私企業公用負担を課すことができる権利を公用負担特権という。公用負担は国民に一方的、強制的に負担を課すものであるから、法律の根拠を要する(憲法29条)。[阿部泰隆]

人的公用負担・物的公用負担

公用負担は大別して人的公用負担と物的公用負担がある。人的公用負担とは、特定の人が特定の公益事業のために必要な作為・不作為または給付の義務を負担することをいう。負担金、労役または物品負担、夫役現品の種類がある。[阿部泰隆]
負担金
負担金とは金銭給付義務たる人的公用負担をいう。分担金ともいう。受益者負担金(下水道事業負担金など)と、原因者負担金がある。負担金は税金と同様に行政徴収することができる。[阿部泰隆]
労役または物品負担
労役または物品の給付義務たる人的公用負担をいう。非常災害に緊急に対処するために認められている(災害対策基本法64条、65条、災害救助法23条の2、24条、26条、水防法24条、28条、大規模地震対策特別措置法27条)。[阿部泰隆]
夫役現品
夫役現品とは労役または物品と金銭との選択的給付義務たる人的公用負担をいう。貨幣経済の発達しない地方においては金銭を給付するよりも労役または物品を直接供給せしめるほうが義務者の便宜に適するとして認められてきたもので、現行法下では例外的存在(土地改良法36条、水害予防組合法49条)である。
 物的公用負担とは、特定の財産権が特定の公益事業のために必要であるために、その所有者等のいかんを問わず、その財産権そのものに課せられる負担で、公用制限、公用収用(公用徴収)、公用権利変換の3種類がある。公用制限は、私人の所有権等その財産権はそのまま認めながら、それに公法上の制限を加えるにとどまるのに対し、公用収用は財産権そのものを強制取得するもので、土地収用がその典型であり、公用権利変換は、土地区画整理、土地改良、都市再開発などにみられるように、従前の権利にかえて新たな権利を賦与する手法である。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の公用負担の言及

【土地収用】より

…現在,土地収用に関する一般法として,〈土地収用法〉(1951公布)があり,また同法を補充する関係法令として,〈公共用地の取得に関する特別措置法〉(1961公布)がある。 土地収用は,公用負担制度の一部をなすものである。公用負担は,一定の行政計画に基づく土地利用の合理化を図り,公益上必要な特定の事業の需要を満たし,または特定の物の効用をまっとうするために,国民に対して行政的に課せられる経済的負担であり,土地収用のほかに,公用制限,公用換地,権利変換などの制度がある。…

※「公用負担」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公用負担の関連キーワード公用制限国土総合開発法総合開発全国総合開発計画国土交通省国土形成計画国土形成計画法規定食北海道開発の行政組織国土利用計画法(国土法)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone