コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥霞洲 どひ かしゅう

2件 の用語解説(土肥霞洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土肥霞洲 どひ-かしゅう

1693-1757 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)6年生まれ。土肥黙翁の子。新井白石にまなぶ。徳川家宣(いえのぶ)の侍読となり,御家人,幕府儒官をへて田安家につかえる。白石の著作の浄書をし,その没後は遺著の校訂,整理にあたる。「霞洲詩集」などをのこした。宝暦7年8月14/16日死去。65歳。江戸出身。名は元成。字(あざな)は允仲。通称は源四郎。別号に新川。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土肥霞洲

没年:宝暦7.8.16(1757.9.28)
生年:元禄6(1693)
江戸中期の漢学者。江戸の人。名は元成,字は允仲,通称は源四郎,伝右衛門,号は霞洲,新川。黙翁の子。新井白石に学んだ。10歳のとき,甲府宰相徳川綱豊(のちの6代将軍徳川家宣)に仕え,宝永1(1704)年家宣が将軍世子になったことにより,御家人となる。享保6(1721)年には,8代将軍徳川吉宗に進講,幕府の儒員となる。その後吉宗の子田安宗武に仕え,用人,番頭を歴任した。幼いころから白石に愛され,その著書の浄書をし,没後は遺著の校訂を行った。詩文にすぐれ,『霞洲詩集』や朝鮮通信使との唱酬をまとめた『桑韓唱和集』などの著書が残る。

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土肥霞洲の関連キーワード竹川政辰横谷友信鞍岡蘇山末包金陵端春荘丹羽雲気原斗南三上静一三縄桂林劉安生

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone