地球岬(読み)ちきゅうみさき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地球岬
ちきゅうみさき

北海道南西部、室蘭(むろらんし)の首部を形成する絵鞆半島(えともはんとう)最南端の岬。チキウ岬ともいう。太平洋に臨み、安山岩や集塊岩が露出する50メートル前後の断崖(だんがい)が続き、その上に1920年(大正9)点灯したチキウ岬灯台がある。岬へは歩道だけであったが、現在では室蘭本線母恋(ぼこい)駅を結ぶ観光道路が整備された。岬の一角には展望台があり、眼下に太平洋の荒波が海食崖に白く砕ける光景が展開し、西方には、市街背後の100メートル前後の丘を隔てて、測量山(200メートル)の無線塔を望むことができる。[奈良部理]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の地球岬の言及

【チキウ岬】より

…地球岬とも書く。室蘭市絵鞆(えとも)半島最南端の太平洋に突出した岬で,安山岩,流紋岩からなる断崖に囲まれる。…

※「地球岬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地球岬の関連情報