コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垣本雪臣 かきもと ゆきおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

垣本雪臣 かきもと-ゆきおみ

1777-1839 江戸時代後期の歌人,画家。
安永6年生まれ。京都にでて漢学を竜草廬(そうろ)に,和歌を伴蒿蹊(こうけい)に,有職(ゆうそく)故実を橋本経亮(つねあきら)に,画を松村月渓にまなぶ。狂歌,狂文にもすぐれた。石清水八幡宮につかえた。天保(てんぽう)10年11月3日死去。63歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓は菅原。通称は貢。号は葒町。著作に「けむり草」,歌集に「葒(たで)の落穂」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

垣本雪臣の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物蕪村タンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)ズーフ沼波弄山

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android