コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城多虎雄 きた とらお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

城多虎雄 きた-とらお

1856-1887 明治時代の新聞人。
安政3年4月生まれ。城多董(ただす)の養子。明治15年以後「朝野新聞」「京都滋賀新報」(のち「中外電報」と改題)などの主筆として社説を執筆。滋賀県会議員,議長もつとめた。マルクスの「共産党宣言」を紹介した。明治20年2月20日死去。32歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。東京大学中退。旧姓小津

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

城多虎雄の関連キーワード共産主義明治時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android