コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埴安池 はにやすのいけ

1件 の用語解説(埴安池の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はにやすのいけ【埴安池】

大和の天香久山の西麓にあった池。《万葉集》にみえる,柿本人麻呂高市皇子死に際して作った挽歌に〈埴安の池の堤〉とあり,〈藤原宮の御井の歌〉にも〈埴安の堤〉が歌われている。神武紀や崇神紀にみえる伝承によれば,古代には,天香久山の埴(はに)を,〈倭国の物実(ものしろ)〉(大和国支配のシンボル)とみなす観念があった。この天香久山の埴土を男神化して祭祀するのが,畝尾坐健土安(うねおにいますたけはにやす)神社(延喜式内大社)であり,天香久山の西麓(橿原市木之本町)に所在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone