コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埴安池 はにやすのいけ

1件 の用語解説(埴安池の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はにやすのいけ【埴安池】

大和の天香久山の西麓にあった池。《万葉集》にみえる,柿本人麻呂高市皇子死に際して作った挽歌に〈埴安の池の堤〉とあり,〈藤原宮の御井の歌〉にも〈埴安の堤〉が歌われている。神武紀や崇神紀にみえる伝承によれば,古代には,天香久山の埴(はに)を,〈倭国の物実(ものしろ)〉(大和国支配のシンボル)とみなす観念があった。この天香久山の埴土を男神化して祭祀するのが,畝尾坐健土安(うねおにいますたけはにやす)神社(延喜式内大社)であり,天香久山の西麓(橿原市木之本町)に所在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

埴安池の関連キーワード万葉集註釈大和三山菅家万葉集三春鹿ヶ谷埴安の池万葉集抄天香山香具山香久山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone