コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀内寿郎 ほりうち じゅろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀内寿郎 ほりうち-じゅろう

1901-1979 昭和時代の化学者。
明治34年9月17日生まれ。昭和10年北海道帝大教授となり,23年から北大触媒研究所所長をかねる。42年北大学長。昭和15年化学反応速度論の研究で学士院恩賜賞。触媒化学研究の方法の確立に貢献。ボート漕法の最適理論の確立にもつとめた。昭和54年6月27日死去。77歳。北海道出身。東京帝大卒。著作に「触媒化学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀内寿郎
ほりうちじゅろう
(1901―1979)

化学者。北海道出身。東京帝国大学理学部化学科卒業(1925)。学生時代から東大、理化学研究所の片山正夫研究室で有機溶媒に対する気体の溶解度を研究、1931年(昭和6)に発表した英文の測定結果はいまも信頼できるデータとして使われている。1932年渡欧、ゲッティンゲン大学などに学び、1933年マンチェスター大学ポランニー研究室で水素電極反応の研究を行った。帰国して、1935年北海道帝国大学理学部教授となり、1943年北大触媒研究所の設立とともにその中心となって、化学反応速度論の組織的な研究を開始した。水素電極反応、電極面上の水素吸着、エチレンの水素添加、化学量数概念などについての研究を進め、化学反応速度論、触媒化学研究の方法の確立に大きく貢献した。1948~1965年北大触媒研究所所長、1967~1971年北大学長を務める。1940年反応速度論の研究で学士院恩賜賞を受ける。また、ボート漕法(そうほう)を科学的に研究し、北大ボート部を育て、その黄金時代を築いた。[荒川 泓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

堀内寿郎の関連キーワード恩賜賞受賞者昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android