コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山正夫 かたやま まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山正夫 かたやま-まさお

1877-1961 明治-昭和時代の物理化学者。
明治10年9月11日生まれ。東北帝大教授をへて大正8年母校東京帝大の教授となる。液体の表面張力と温度との関係式(片山式)で知られる。昭和36年6月11日死去。83歳。岡山県出身。著作に「化学本論」「分子熱力学総論」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたやままさお【片山正夫】

1877~1961) 化学者。岡山県生まれ。東大教授。物理化学、特に界面化学の先駆的な研究を行なった。その著「化学本論」(1915年)は日本における初期の本格的な物理化学教科書。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片山正夫
かたやままさお
(1877―1961)

物理化学者。岡山県の生まれ。1900年(明治33)東京帝国大学理科大学化学科を卒業。1902年東京高等工業学校(現、東京工業大学)電気化学科教授となる。1905年秋から1909年初めにかけてヨーロッパに留学。チューリヒ工科大学のローレンツRichard Lorenz(1863―1929)のもとで電気化学を研究し、可逆電池の起電力がギブスの自由エネルギーであることを明らかにした。ついでベルリン大学のネルンストのもとでボーデンシュタインとともに二酸化窒素および硫酸の解離平衡を研究した。1911年、東北帝国大学理科大学創立とともに教授となり、物理化学講座を担当。1915年(大正4)物理化学教科書『化学本論』を出版。原子論の立場に徹底する一方、熱力学を有効に取り入れた名著であった。同年、液体の表面張力と温度との関係式(片山式)を発表した。1919年桜井錠二(じょうじ)の後任として東京帝国大学に転任。1920年代後半に量子化学が生まれるといち早くそれを紹介し、多数の物理化学者を養成して1938年(昭和13)定年退官した。[内田正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

片山正夫の関連キーワードリュウグウノツカイクサカリツボダイシキシマハナダイカスミサクラダイアズマハナダイチカメキントキサンフィッシュアカマンボウホタルジャコフリソデウオホウセキハタキンメモドキスミクイウオヒメハナダイアカアマダイキントキダイネンブツダイシロアマダイ堀内 寿郎キハッソク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android