コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水素添加 すいそてんかhydrogenation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水素添加
すいそてんか
hydrogenation

不飽和結合に水素を付加させる還元反応の1種。水素添加の方法にはいろいろあるが,化学的還元と接触還元とに大別される。たとえば炭素-炭素不飽和化合物は,ナトリウムアマルガムやナトリウムとアルコールなどによる化学的還元によって,飽和化合物に還元される。水素添加はまた,水素ガスを用いて,ラネーニッケル,白金黒,パラジウム黒などを触媒とする接触還元によっても達せられる。後者は工業的にも応用されているが,特に油脂工業では硬化と称し,油状の不飽和グリセリドの水素添加によって,飽和度の高い固形油脂が製造されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいそ‐てんか【水素添加】

水素化

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

水素添加【すいそてんか】

水素化の旧呼称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

水素添加

 不飽和炭素結合が水素で還元されて飽和炭素結合になること.魚油などはこの方法で還元して,別の性質をもつ油脂にして利用することが多い.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいそてんか【水素添加 hydrogenation】

有機化合物における多重結合に水素を付加させる反応の総称で,還元反応の一つ。多重結合としては,C=C,C≡Cのほかに,C=O,C=N,C≡N,N=Nなどがある。これらの不飽和結合を水素添加する方法としては,(1)金属水素化物を用いる,(2)触媒の存在下で水素ガスを作用させる,(3)その他の方法,が使われるが,通常,水素添加ということばが使われる場合,(2)の方法を指すことがほとんどである。(1)の方法ではC=C結合を水素添加することは困難であるが,C≡C,C=O,C=N,C≡Nなどの場合は,水素化アルミニウムリチウムLiAlH4などのアルミニウム系還元剤または水素化ホウ素ナトリウムNaBH4などのホウ素系還元剤で水素添加できることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいそてんか【水素添加】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水素添加
すいそてんか

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水素添加の関連キーワードジェーン・バプティスト サンドランサージイー レーベデフストレプトマイシン発酵トランス不飽和脂肪酸コハク(琥珀)酸オイルシェールオートクレーブ硫化モリブデンショートニングイソリノール酸シクロヘキサンジイソブチレンマルチトールエライジン酸有機化合物脱水素反応石炭ガス化マルビットサバティエテトラリン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水素添加の関連情報