水素添加(読み)すいそてんか(英語表記)hydrogenation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水素添加
すいそてんか
hydrogenation

不飽和結合に水素を付加させる還元反応の1種。水素添加の方法にはいろいろあるが,化学的還元と接触還元とに大別される。たとえば炭素-炭素不飽和化合物は,ナトリウムアマルガムやナトリウムとアルコールなどによる化学的還元によって,飽和化合物に還元される。水素添加はまた,水素ガスを用いて,ラネーニッケル,白金黒,パラジウム黒などを触媒とする接触還元によっても達せられる。後者は工業的にも応用されているが,特に油脂工業では硬化と称し,油状の不飽和グリセリドの水素添加によって,飽和度の高い固形油脂が製造されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

水素添加

 不飽和炭素結合が水素で還元されて飽和炭素結合になること.魚油などはこの方法で還元して,別の性質をもつ油脂にして利用することが多い.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいそてんか【水素添加 hydrogenation】

有機化合物における多重結合に水素を付加させる反応の総称で,還元反応の一つ。多重結合としては,C=C,C≡Cのほかに,C=O,C=N,C≡N,N=Nなどがある。これらの不飽和結合を水素添加する方法としては,(1)金属水素化物を用いる,(2)触媒の存在下で水素ガスを作用させる,(3)その他の方法,が使われるが,通常,水素添加ということばが使われる場合,(2)の方法を指すことがほとんどである。(1)の方法ではC=C結合を水素添加することは困難であるが,C≡C,C=O,C=N,C≡Nなどの場合は,水素化アルミニウムリチウムLiAlH4などのアルミニウム系還元剤または水素化ホウ素ナトリウムNaBH4などのホウ素系還元剤で水素添加できることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すいそ‐てんか【水素添加】

〘名〙 還元反応の一種。一般に不飽和結合に水素を付加することをいう。たとえば、ベンゼンからシクロヘキサンに、魚油から硬化油になど。水添。水素化。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水素添加の関連情報