コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学反応速度論 かがくはんのうそくどろんprinciple of chemical kinetics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学反応速度論
かがくはんのうそくどろん
principle of chemical kinetics

反応の速度をいろいろの条件下で測定し,その結果から反応の機構を推定し解明する学問。 19世紀末 J.ファントホフらが開拓した頃は,力学の応用という考えから化学動力学といわれたが,最近では,量子力学,統計力学の理論も加わり,技術面も分析機器の進歩やコンピュータの性能の向上によって著しく進歩している。 (→反応速度論 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

化学反応速度論の関連キーワードC.ノーマン ヒンシェルウッドヒンシェルウッド恩賜賞受賞者セミョーノフ堀内 寿郎堀内寿郎透過係数

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android