コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠江国 とおとうみのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠江国
とおとうみのくに

現在の静岡県の西部。東海道の一国。上国。国名は,京に近い琵琶湖近淡海(ちかつあはうみ)であるのに対して浜名湖遠淡海(とほつあはうみ)であることによるという。『旧事本紀』には遠淡海国造,久努国造(くぬのくにのみやつこ),素賀国造(そがのくにのみやつこ)がみえる。遠淡海国造は浜名郡,久努国造は山名郡,素賀国造は佐野郡をそれぞれ中心とする地方にあったとみられる。国府,国分寺は磐田市見付に置かれた(→遠江国分寺跡)。『延喜式』には浜名,敷智(ふち),引佐(いなさ),麁玉(あらたま),長上,長下,磐田,山香,周智(すち),山名,佐野(さや),城飼(きかふ),蓁原(はいはら)の 13郡があり,『和名抄』には郷 94,田 1万3661町が記されている。鎌倉時代,治承4(1180)年以来守護であった安田義定が建久5(1194)年幕府に誅せられて以後,北条氏(大仏氏)が守護となった。南北朝時代には足利直義が領有したが,後醍醐天皇の皇子宗良親王が湖北の井伊谷城によってこれに対抗したこともあった。その後今川氏,仁木氏,千葉氏が守護となったが,正平7=文和1(1352)年以降今川氏が守護として戦国時代に及び,今川氏親,今川義元父子は駿河,遠江,三河を領して勢力をふるった。義元が永禄3(1560)年桶狭間の戦い織田信長に敗れたのちは徳川家康に支配された。さらに家康が江戸に入府すると代わって山内氏,堀尾氏が入国した。江戸時代には横須賀に西尾氏,浜松に井上氏,掛川に太田氏,のちに相良に田沼氏が封じられた。明治1(1868)年徳川家達が駿河,遠江 70万石を与えられたために諸藩は移封されたが,同 4年堀江県から浜松県となり,1876年静岡県に編入。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とおとうみ‐の‐くに〔とほたふみ‐〕【遠江国】

遠江

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

遠江国【とおとうみのくに】

旧国名。遠州とも。東海道の一国。現在の静岡県の西半。古地名は遠淡海(とおつおうみ)で,もと淡水湖であった浜名湖をさした。《延喜式》に上国,13郡。中世の守護は安田・大仏(おさらぎ)氏らの後,今川氏が支配。
→関連項目池田荘蒲御厨静岡[県]中部地方初倉荘

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

とおとうみのくに【遠江国】

現在の静岡県西部を占めた旧国名。国名は、琵琶湖の「近淡海(ちかつおうみ)」に対する「遠淡海(とおつおうみ)」(浜名湖のこと)に由来。律令(りつりょう)制下で東海道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)で、京からの距離では中国(ちゅうごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の磐田(いわた)市におかれていた。平安時代後期から伊勢神宮御厨(みくりや)が多くおかれた。鎌倉時代は安田氏、北条(ほうじょう)氏守護南北朝時代から室町時代には今川氏斯波(しば)氏が守護となったが、今川氏の勢力が強く、駿河(するが)国(静岡県)・三河(みかわ)国(愛知県)を合わせて領有するようになった。1560年(永禄(えいろく)3)の桶狭間(おけはざま)の戦い以後は徳川家康(とくがわいえやす)の領有となった。江戸幕府は譜代4藩をおき、ほかに天領、旗本領などがあった。1871年(明治4)の廃藩置県で浜松県となったが、1876年(明治9)に静岡県に併合された。◇遠州(えんしゅう)ともいう。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とおとうみのくに【遠江国】

旧国名。遠州。現在の静岡県西部,大井川以西。
【古代】
 東海道に属する上国(《延喜式》)。国名は〈琵琶湖=近ッ淡海〉(近江)に対する〈浜名湖=遠ッ淡海〉(遠江)に由来するとされている。7世紀の中葉,遠淡海,久努,素賀の3国造の支配領域を併せて成立したものと思われる。国郡制に先行する国評制下の評として長田評,荒玉評・紀甲評(藤原宮木簡),淵評・駅評(伊場木簡)などが確認されている。令制下では国郡制施行当初の管郡は浜名,敷智(ふち),引佐(いなさ),麁玉(あらたま),長田,磐田,周智(すち),佐益(のち佐野(さや∥さの)),城飼(きこう),蓁原(はいばら)の10郡で,大国であったと推定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠江国
とおとうみのくに

現在の静岡県西部に位置した旧国名。遠州(えんしゅう)。東は大井川を境に駿河(するが)国、西は三河(みかわ)国、北は信濃(しなの)国に接する。古くは遠淡海国造(とおつおうみくにのみやつこ)、素賀(すか)国造、久努(くど)国造の支配する国々があったが、大化改新(645)による国郡の制で統合され遠淡海国となり、のち遠江と書かれるようになったものである。琵琶(びわ)湖を近淡海(ちかつおうみ)と称したのに対し、浜名湖を遠淡海とよんだのが国名の由来である。『和名抄(わみょうしょう)』には、東の方から、蓁原(はいばら)(のち榛原)、城飼(きこう)、佐野(さや)、山名(やまな)、周智(しゅうち)、山香(やまか)、磐田(いわた)、長下(ながのしも)、長上(ながのかみ)、麁玉(あらたま)、引佐(いなさ)、敷智(ふち)、浜名の13郡を数え、郷数は96に及んでいる。なお、そのころの推定人口は8万1000人とされている。国府は現在の磐田市中泉(なかいずみ)の府八幡宮(ふはちまんぐう)付近と考えられている。平安後期から鎌倉期にかけて御厨(みくりや)および荘園(しょうえん)が生まれ、とくに浜名湖周辺には浜名神戸(かんべ)、尾奈(おな)御厨、都田(みやこだ)御厨などの伊勢(いせ)神領があり、松尾(まつお)社領池田荘、長講堂(ちょうこうどう)領山香荘、円勝寺領質侶(しとろ)荘など大きな荘園も多数分布していた。鎌倉期の守護は、初め安田義定(よしさだ)が任命されたが、その後は北条時房(ときふさ)、同朝直(ともなお)、大仏宣時(おさらぎのぶとき)、同貞直(さだなお)ら北条一族が相承した。南北朝期は南朝方の勢力が強い地域で、三嶽(みたけ)城に後醍醐(ごだいご)天皇の皇子宗良(むねなが)親王が入ったこともあった。南北朝期の守護は今川氏であったが、のち応永(おうえい)ごろからは斯波(しば)氏に世襲されるようになった。しかし、斯波氏は遠江以外にも尾張(おわり)、越前(えちぜん)の守護を兼ね、守護代甲斐(かい)氏も越前の守護代を兼ねていたことから、斯波氏の直接的支配の及ぶ所は少なく、横地(よこじ)、勝間田(かつまた)、狩野(かのう)、原(はら)、天野(あまの)氏ら国人(こくじん)領主の割拠するところとなった。応仁(おうにん)の乱(1467~77)後、今川氏が遠江に進出し始め、氏親(うじちか)のときには相良(さがら)荘、笠原(かさはら)荘において検地が行われている。しかし今川氏の時代も長くは続かず、1560年(永禄3)今川義元(よしもと)が桶狭間(おけはざま)の戦いで殺されてからは下り坂となり、やがて三河の徳川家康によって攻め取られてしまった。江戸時代の郡は、律令(りつりょう)制下の長下郡が消えて12郡となり、城飼郡が城東郡とよばれるようになった。家康の関東転封後、堀尾吉晴(ほりおよしはる)(浜松12万石)、山内一豊(やまうちかずとよ)(掛川(かけがわ)5万石)、渡瀬繁詮(わたせしげあき)(横須賀(よこすか)3万石のち、有馬豊氏(ありまとようじ))、松下之綱(ゆきつな)(久能(くのう)1万6000石)といった豊臣(とよとみ)系大名が分割領有したが、関ヶ原の戦い後は徳川の譜代(ふだい)大名が入り、その後も譜代小藩の入れ替わりが激しくみられ、ほかに天領、旗本(はたもと)領などがあった。「天保郷帳(てんぽうごうちょう)」では石高(こくだか)は約40万石で、1094か町村を数えている。江戸期の特産品として、今日にそのままつながる三ヶ日(みっかび)のミカン、掛川の葛布(くずふ)、志戸呂(しとろ)の陶器、舞坂(まいさか)の海苔(のり)などのほか、茶、木綿などの商品作物栽培も盛んであった。1868年(慶応4)徳川家達(いえさと)が70万石で入封し、そのため遠江にあった諸藩はすべて関東へ転封された。また新たに堀江藩(大沢氏1万石)が成立し、71年の廃藩置県により、駿府(すんぷ)藩(69年静岡藩と改称)は静岡県、堀江藩は堀江県となり、同年、旧遠江国の地域は浜松県となり、さらに76年静岡県に合併された。[小和田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

遠江国の関連キーワード三方ヶ原の戦い遠江・遠淡海長谷川 貞雄横山 久太郎永富 雄吉大橋 頼摸森本都々子杉山 義雄岡田良一郎伊藤七郎平伊東 要蔵岡田佐平治堀尾吉晴大沢基重松平忠吉加藤景廉金原明善金井 延横須賀藩内山真竜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠江国の関連情報