(読み)ルイ

デジタル大辞泉の解説

るい【塁】

土を積み重ねてつくった構築物。とりで。「を守る」
野球で、走者が得点するために順に通過し、触れなければならない地点。一塁・二塁・三塁・本塁の四つがある。ベース。「に出る」「を盗む」

るい【塁〔壘〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ルイ(呉)(漢) [訓]とりで
土などを積み重ねて防御とした陣地。とりで。「塁壁堅塁孤塁城塁土塁堡塁(ほうるい)
野球で、ベース。「塁審一塁残塁出塁走塁盗塁満塁
[名のり]かさ・たか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

るい【塁】

土や石などを積んで作った防御用の土手。また、それを巡らしたとりで。 「 -を抜く」 「 -を築く」
野球で、走者が得点するために通過するべき地点。一塁・二塁・三塁と本塁の四つ。ベース。
[句項目] 塁を摩する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塁の関連情報