コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ

デジタル大辞泉の解説

るい【塁】

土を積み重ねてつくった構築物。とりで。「を守る」
野球で、走者が得点するために順に通過し、触れなければならない地点。一塁・二塁・三塁・本塁の四つがある。ベース。「に出る」「を盗む」

るい【塁〔壘〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ルイ(呉)(漢) [訓]とりで
土などを積み重ねて防御とした陣地。とりで。「塁壁堅塁孤塁城塁土塁堡塁(ほうるい)
野球で、ベース。「塁審一塁残塁出塁走塁盗塁満塁
[名のり]かさ・たか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

るい【塁】

土や石などを積んで作った防御用の土手。また、それを巡らしたとりで。 「 -を抜く」 「 -を築く」
野球で、走者が得点するために通過するべき地点。一塁・二塁・三塁と本塁の四つ。ベース。
[句項目] 塁を摩する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

塁の関連キーワードスコアリングポジション長崎県五島市富江町岳ディレードスチールタイムリーヒットランダウンプレーホルスト(地塁)ベースランニングtouch upフォースアウトダブルスチールハーフウエーベースラインバント&ランダーネビアケタッチアップ朝鮮式山城方広寺石塔送りバントエクゼム噴出地塁

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塁の関連情報