(読み)ルイ

デジタル大辞泉「塁」の解説

るい【塁〔壘〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ルイ(呉)(漢) [訓]とりで
土などを積み重ねて防御とした陣地。とりで。「塁壁堅塁孤塁城塁土塁堡塁ほうるい
野球で、ベース。「塁審一塁残塁出塁走塁盗塁満塁
[名のり]かさ・たか

るい【塁】

土を積み重ねてつくった構築物。とりで。「を守る」
野球で、走者が得点するために順に通過し、触れなければならない地点。一塁・二塁三塁本塁の四つがある。ベース。「に出る」「を盗む」
[類語]要塞防塞堡塁土塁防塁本塁孤塁堅塁城塞バリケード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「塁」の解説

るい【塁】

〘名〙
① とりで。(さい)
※新論(1825)守禦「使之戒勅繕修常如虜兵上レ塁」 〔春秋左伝‐文公一二年〕
② 野球で、ベースのこと。
※学生時代(1918)〈久米正雄〉選任「塁に満ちてゐる走者を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android