塊状重合(読み)かいじょうじゅうごう

百科事典マイペディアの解説

塊状重合【かいじょうじゅうごう】

高分子化合物をつくるための付加重合反応において,単量体に少量の触媒を加え,必要に応じ加熱して重合させる方法。高純度のものが得られ,重合速度は大であるが,反応熱除去が困難であまり高い重合度のものは得にくい。有機ガラスポリメタクリル酸メチルなどの製造に利用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいじょうじゅうごう【塊状重合 bulk polymerization】

高分子化合物をつくる反応の一つである付加重合反応において,溶媒を用いることなく原料モノマー(単量体)だけを重合させる方法をいう。ふつう少量の重合開始剤を添加して加熱する。塊状重合によって生産されている高分子の代表に有機ガラスとして知られるポリメタクリル酸メチルがある。有機ガラスに必要な透明性は塊状重合によりもっともよく達成できる。一般に塊状重合では,モノマーのみの重合なので重合反応によって発生する重合熱制御が困難であり,これが技術的に解決すべき問題となり,従来工業的な実例は少なかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

塊状重合
カイジョウジュウゴウ
bulk polymerization

バルク重合ともいう.溶媒を用いずに,単量体だけを少量の開始剤などを加えて重合させる方法.工業的には溶剤を使用しないこと,直接成形品が得られることなど利点も多いが,発生する重合熱の除去を含む重合温度制御が重要な問題点である.また,重合体中に未反応の単量体が残った場合には,これを取り除くことが難しい.メタクリル酸メチルから有機ガラスをつくる際に本法が用いられているが,そのほかスチレン塩化ビニルの重合などにその例がみられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の塊状重合の言及

【重合】より


[付加重合の実際的方法]
 実用的な高分子の製造において行われている付加重合反応の多くは,ラジカル重合である。ラジカル重合の実際的方法としては,塊状重合溶液重合懸濁重合および乳化重合がある。塊状重合はモノマーに開始剤を加え,加熱,重合させる方法で,有機ガラスとして知られるポリメタクリル酸メチルの製造で行われている。…

※「塊状重合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android