コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塔ヶ岳 とうがたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塔ヶ岳
とうがたけ

尊仏 (そんぶつ) 山,塔ノ岳ともいう。神奈川県西部,丹沢山地の南東部にある山。北方の丹沢山,蛭ヶ岳へ続く主脈上にある。標高 1491m。北側に尊仏と呼ばれる巨岩があり,尊仏岩,御塔といわれて雨ごいや病気治癒の信仰を集めていたが,関東大震災で谷に落ちた。登山者が多く,南斜面には水無川,四十八瀬川,玄倉川の沢登りコース,北方には尾根伝いの縦走路がある。丹沢大山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうがたけ【塔ヶ岳】

神奈川県秦野(はだの)市と清川村山北町の境にある丹沢山地中央部の山。塔ノ岳,尊(孫)仏(そんぶつ)山ともいう。標高1491m。秦野市街西方の渋沢から大倉尾根または大秦野から表尾根を経てこの山に至り,さらに丹沢山,蛭ヶ岳へとつづく丹沢主脈にあって登山者が多い。また四十八瀬川,水無川は沢登りの盛んなところである。山名は,山頂の北面に尊仏岩という岩塔があり,地元で〈お塔〉と呼ばれ拘留尊(くるそん)仏がまつられて,雨乞いの神としてあがめられたことによる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塔ヶ岳
とうがたけ

神奈川県西部、丹沢(たんざわ)山地にある山。丹沢主峰群のなかで登山者にもっとも親しまれている。標高1491メートル。尊仏(そんぶつ)山ともよばれ、頂上に仏の立像に似た自然石(黒尊仏)があり、干魃(かんばつ)時には雨乞(あまご)いをし、石上のコケが病気に特効があるとして古くから崇(あが)められてきた。しかし1923年(大正12)の関東大震災で沢へ転落して姿を消してしまった。頂上からの展望がすばらしく、山頂近くと山腹に山荘があり、丹沢主峰群縦走の拠点をなす。ここから流れ出る水無(みずなし)、四十八瀬(しじゅうはっせ)、玄倉(くろくら)三川の上流は沢歩きで知られる。小田急電鉄秦野(はだの)・渋沢(しぶさわ)駅からバスと徒歩で、ともに約4時間で達せられる。かつては「塔ノ岳」とよばれた。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

塔ヶ岳の関連キーワード中津川(神奈川県)神奈川(県)秦野(市)松田町

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android