山北町(読み)やまきた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山北〔町〕
やまきた

神奈川県西部,丹沢山地南西部,酒匂 (さかわ) 川の上流の支流河内川流域を占める町。 1933年町制。 55年三保,清水,共和の3村と合体し,北足柄村の一部を編入。町名は東海道本線 (現 JR御殿場線) の駅名による。南部を東流する酒匂川の谷は,古くから東海地方と関東地方を結ぶ交通路で,中心集落の山北谷口集落として発達。山麓にはミカン園が開け,茶なども栽培される。河内川沿いに丹沢湖,上流中川沿いに中川温泉などがあり,天然記念物,箒スギがある。町の北東部は丹沢大山国定公園に,北西部は丹沢大山県立自然公園に属する。 JR御殿場線,国道 246号線,東名高速道路が通っている。面積 224.61km2。人口 1万724(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山北町の関連情報