丹沢大山国定公園(読み)たんざわおおやまこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹沢大山国定公園
たんざわおおやまこくていこうえん

神奈川県北西部,丹沢山地大部分を含む自然公園。面積 275.72km2。 1965年指定。蛭ヶ岳 (1673m) ,丹沢山 (1567m) ,塔ヶ岳 (1491m) ,檜洞丸 (1601m) を中心に,南東部には大山 (1252m) がある。谷が稜線付近まで深く入り込む複雑な壮年期の地形を示し,沢や滝が多い。山頂部にはブナ,ハリモミなどの原生林があり,クマ,イノシシ,シカなども生息している。大山は修験道霊場で,阿夫利神社の信仰は広く関東一円に及び,登山道に典型的な門前町が発達。現在は登山道も整備され,京浜地方に近い山岳公園として登山者でにぎわう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たんざわおおやま‐こくていこうえん〔タンざはおほやまコクテイコウヱン〕【丹沢大山国定公園】

神奈川県北西部、丹沢山地を中心とする国定公園。登山ルートも整備されているレクリエーション地帯。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

丹沢大山国定公園【たんざわおおやまこくていこうえん】

神奈川県北西部,丹沢山地を中心とする国定公園。面積275.72km2。1965年指定。滝がかかる深い谷が複雑に入り込み,ブナをはじめ,モミ,ツガ,杉などの林におおわれ,特有の植物・動物も多い。南東端に大山がそびえ,山麓には中川,広沢寺などの鉱泉がある。小田急電鉄伊勢原,秦野,新松田などの駅が登山,ハイキングの主要基地。
→関連項目神奈川[県]中津川秦野[市]山北[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たんざわおおやまこくていこうえん【丹沢大山国定公園】

神奈川県北西部、丹沢山地の中心部を区域とする国定公園。尾根・沢ともに登山コースが開かれ、登山者が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕丹沢大山国定公園(たんざわおおやまこくていこうえん)


神奈川県北西部の国定公園。丹沢山地を中心に大山を含む。面積2万7572ha。1965年(昭和40)指定。1000~1500m級の山岳と渓谷の景観で知られる。ブナ・ミズナラなどの原生林が残り、ニホンジカ・イノシシ・ニホンザルなど野生動物も多い。塔ノ(とうの)岳や大山は山岳信仰の対象で、大山山頂には修験道場の大山阿夫利(あふり)神社がある。登山・ハイキング・キャンプの好適地で、首都圏の行楽地。中川・七沢(ななさわ)・広沢寺(こうたくじ)などの温泉がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹沢大山国定公園
たんざわおおやまこくていこうえん

神奈川県の北西部、丹沢山地(道志(どうし)山地を除く)に設けられた国定公園。1965年(昭和40)指定。面積275.72平方キロメートル。丹沢山地は神奈川県の屋根といわれ、主稜線(りょうせん)の高度は1000~1600メートルで、相模(さがみ)平野から急に高く屏風(びょうぶ)のように連なり、早くから青少年向きの山岳登山公園として親しまれてきた。全域が温帯性樹種に覆われているが、標高700~800メートルを境として林相が変わり、それ以上は天然林(ブナ、ミズナラ)、以下の中・低山は人工林(スギ、ヒノキ)が多く、低山の一部に天然林(ヤマボウシ、ブナ)がみられる。古くからシカ、イノシシをはじめニホンザル、ニホンカモシカ、クマがすみ、ことにシカは多くて登山中にもよく見受けられる。主稜線の近くまで急傾斜をなし、沢や滝、岩場が多く、深い渓流も少なくない。塔ヶ岳(とうがたけ)や大山は古くから山岳信仰の対象とされていた。ことに大山は、長く全国有数の真言修験(しんごんしゅげん)の道場であったところで、いまも信仰登山者が多く、御師(おし)集落が発達し、中腹の阿夫利(あふり)神社下(しも)社までケーブルカーが通じている。おもな登山コースとして、丹沢表尾根縦走、主脈縦走(塔ヶ岳から蛭(ひる)ヶ岳へ)、三峰(みつみね)縦走、西丹沢から塔ヶ岳(渓谷探勝と登山)への諸コースが開かれている。これらには登山道をはじめ、山小屋や展望台が、また各沢沿いの平坦(へいたん)地にはキャンプ場、釣り場が多く設けられている。また西部の稜線と渓谷を連ねて東海自然歩道が通じている。西方の西丹沢では三保(みほ)ダムの完成に伴って丹沢湖ができ、湖岸は出入りが多くて、快適なドライブが楽しめる。公園内には中川、七沢(ななさわ)、広沢寺(こうたくじ)などの温泉もある。小田急電鉄の伊勢原(いせはら)、秦野(はだの)、渋沢(しぶさわ)、それに本厚木(ほんあつぎ)、新松田、JR御殿場(ごてんば)線の山北などの諸駅がおもな登山や探勝の基地である。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android