コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩橋 えんきょうsalt bridge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩橋
えんきょう
salt bridge

電池の起電力の測定などの場合に液間電位差の影響を除くために用いられる。電池を構成している2つの単極の電解質溶液を,混り合わないように接触させ,電気的に接続する。U字管に陰陽両イオンの移動度がほぼ等しい塩化カリウムなどの溶液を満たし,管の両端にイオンは通すが溶液は漏れないようにろ紙や綿で栓をしたものをつくり,両単極の電解質溶液にまたがせる。これを塩橋という。管の両端をゼラチンや寒天で固めることもある。塩化カリウム溶液が電池の電解質溶液と接触して化学反応を起す場合には,硝酸カリウム硝酸アンモニウム溶液が塩橋に使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんきょう【塩橋 salt bridge】

溶液の組成が異なる二つの半電池half‐cell(単一の電極と電解質溶液とから成る系)を,電極溶液どうしを直接接触させずに,電気的に接続するために用いるしかけ。ガラスの逆U字管やH字形の管に塩化カリウム,硝酸カリウム,または硝酸アンモニウムなどの塩類溶液をみたし(図1),管の両端をそれぞれ各半電池の溶液中に浸して用いる(図2)。塩橋内の溶液が外部の溶液と直接混ざり合わないようにするために,管の末端を半融ガラスやろ紙などのように溶液がしみこむもので栓をしたり,末端部の溶液をゼラチンや寒天でゼリー状に固めたりすることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩橋の関連キーワード過マンガン酸塩滴定

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android