コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩橋 えんきょう salt bridge

2件 の用語解説(塩橋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩橋
えんきょう
salt bridge

電池の起電力の測定などの場合に液間電位差の影響を除くために用いられる。電池を構成している2つの単極の電解質溶液を,混り合わないように接触させ,電気的に接続する。U字管に陰陽両イオンの移動度がほぼ等しい塩化カリウムなどの溶液を満たし,管の両端にイオンは通すが溶液は漏れないようにろ紙や綿で栓をしたものをつくり,両単極の電解質溶液にまたがせる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんきょう【塩橋 salt bridge】

溶液の組成が異なる二つの半電池half‐cell(単一の電極と電解質溶液とから成る系)を,電極溶液どうしを直接接触させずに,電気的に接続するために用いるしかけ。ガラスの逆U字管やH字形の管に塩化カリウム,硝酸カリウム,または硝酸アンモニウムなどの塩類溶液をみたし(図1),管の両端をそれぞれ各半電池の溶液中に浸して用いる(図2)。塩橋内の溶液が外部の溶液と直接混ざり合わないようにするために,管の末端を半融ガラスやろ紙などのように溶液がしみこむもので栓をしたり,末端部の溶液をゼラチンや寒天でゼリー状に固めたりすることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩橋の関連キーワード共沸共沸混合物相異なる低張半電池基準半電池半電池反応共結線ダイアブロッホモルフィズム同質異鉱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone