コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬午の変 ジンゴノヘン

デジタル大辞泉の解説

じんご‐の‐へん【壬午の変】

1882年(壬午の年)、朝鮮のソウルで起こった反日的クーデター。親日策をとる閔妃(びんひ)一派に反対して、大院君一派に率いられた兵士・民衆が閔妃一派要人や日本人を殺害し、日本公使館を襲撃した。日清両軍の派兵によって鎮圧。この結果、清の指導権は強まり、日本も済物浦(さいもっぽ)条約を結んで貿易上の権益を拡大した。壬午軍乱

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壬午の変
じんごのへん

京城事変」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

壬午の変の関連キーワード朝清商民水陸貿易章程高島鞆之助済物浦条約杉村 濬済物浦独立党事大党

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android