変法自強運動(読み)へんぽうじきょううんどう

百科事典マイペディアの解説

変法自強運動【へんぽうじきょううんどう】

中国,清末光緒帝時代に康有為らが起こした国政改革運動。1895年の日清戦争敗北,その後の列強による租借地要求の動きに対し,康有為らは救国のためには単なる洋務(洋務運動)でなく,国政改革による自強が必要と主張。強学会などを組織し,日本の明治維新を範とする立憲君主制国家建設の要を説き変法自強運動を展開。しばしば上書を行った。この結果1898年光緒帝の新政となったが保守派の弾圧を受け失敗。→戊戌(ぼじゅつ)変法
→関連項目魏源梁啓超

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へんぽうじきょう‐うんどう ヘンパフジキャウ‥【変法自強運動】

中国、清末に、康有為・梁啓超らが推進した改革運動。日清戦争の敗北により、康らは制度を改革し富国強兵を図るため、保国会を組織し、憲法制定・国会開設・学制改革などを提唱。光緒帝はこれをうけ、一八九八年、具体化に着手した(百日改革)が、西太后を中心とする保守派によって阻まれた(戊戌の政変)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報