コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変法自強運動 へんぽうじきょううんどう

百科事典マイペディアの解説

変法自強運動【へんぽうじきょううんどう】

中国,清末光緒帝時代に康有為らが起こした国政改革運動。1895年の日清戦争敗北,その後の列強による租借地要求の動きに対し,康有為らは救国のためには単なる洋務(洋務運動)でなく,国政改革による自強が必要と主張。
→関連項目魏源梁啓超

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変法自強運動
へんぽうじきょううんどう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

変法自強運動の関連キーワード戊戌の政変戊戌変法唐才常譚嗣同黄遵憲西太后戊戌変法何休仁学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android