夕暮まで(読み)ユウグレマデ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夕暮まで
ゆうぐれまで

吉行淳之介(じゅんのすけ)の中編小説。1965年(昭和40)から78年にかけて、断続的に7回、各誌に分載。78年9月、新潮社刊。中年の男佐々と22歳の「処女」杉子との奇妙な肉体関係を描く。佐々は杉子のほかにも女との交渉があり、いわば女の性をうかがう者の立場にあるともいえようが、それでも杉子の「バージン」にこだわり、「中途半端な状態」の自分を意識せざるをえない。『夕暮まで』の標題はそこにもかかわるであろう。多様な性の形が幻想画のように繰り広げられ、『驟雨(しゅうう)』以来の作者の異性追究の一つの到達がここに示された。野間文芸賞受賞。[保昌正夫]
『『夕暮まで』(講談社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android