コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒木和雄 クロキカズオ

3件 の用語解説(黒木和雄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くろき‐かずお〔‐かずを〕【黒木和雄】

[1930~2006]映画監督。宮崎の生まれ。戦争レクイエム三部作「TOMORROW/明日」「美しい夏キリシマ」「父と暮せば」では、静かな反戦思想をにじませて大きな感動を呼んだ。また「TOMORROW/明日」は芸術選奨文部大臣賞を受賞。他に「竜馬暗殺」「祭りの準備」「浪人街」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒木和雄 くろき-かずお

1930-2006 昭和後期-平成時代の映画監督。
昭和5年11月10日生まれ。昭和29年岩波映画に入社。37年フリーとなり,「あるマラソンランナーの記録」など記録映画をとる。のち劇映画にすすみ,作品に「竜馬暗殺」「祭りの準備」などがある。平成元年「TOMORROW/明日」で芸術選奨,キネマ旬報賞監督賞。平成18年4月12日死去。75歳。宮崎県出身。同志社大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒木和雄
くろきかずお
(1930―2006)

映画監督。昭和5年11月10日、現在の宮崎県えびの市生まれ。満州(現、中国東北部)で育つ。同志社大学法学部を卒業。学生時代には日本共産党山村工作隊に参加。1954年(昭和29)に岩波映画製作所で助監督になり、1958年に監督になる。主として企業PR映画をつくるが、それをしばしば前衛的な実験映画のような作品にして注目される。1966年に、映像によるファンタジーのような『とべない沈黙』で長篇のフィクションに進出する。さらには、日本アート・シアターギルドATG)でつくった『竜馬暗殺』(1974)、『祭りの準備』(1975)で野心的な作風が認められるが、監督として大成したのは、「戦争レクイエム三部作」とよばれる3作によってであった。それは、原爆投下前日の長崎の一日を描いた『TOMORROW 明日』(1988)、自身の少年時代の敗戦の体験を掘り下げた『美しい夏キリシマ』(2002)、原爆で生き残った広島の女性が爆死した父親の霊と問答するという喜劇の形式をとった『父と暮せば』(2004)であり、まことに悲痛な思いのこもった一連の秀作である。平成18年4月12日没。[佐藤忠男]

資料 監督作品一覧

海壁(1959)
洗う・奥様手帳(1959)
ルポルタージュ 炎(1960)
恋の羊が海いっぱい(1961)
わが愛 北海道(1962)
日本10弗旅行(1962)
太陽の糸(1963)
あるマラソンランナーの記録(1964)
他人の血(1965)
とべない沈黙(1966)
椅子を探す男(1968)
キューバの恋人(1969)
日本の悪霊(1970)
竜馬暗殺(1974)
祭りの準備(1975)
原子力戦争 Lost Love(1978)
夕暮まで(1980)
風の歌を聴け(1981)
泪橋(1983)
TOMORROW 明日(1988)
浪人街(1990)
スリ(2000)
美しい夏キリシマ(2002)
父と暮せば(2004)
紙屋悦子の青春(2006)
『阿部嘉昭・日向寺太郎編『映画作家黒木和雄の全貌』(1997・フィルムアート社) ▽佐藤忠男著『黒木和雄とその時代』(2006・現代書館) ▽黒木和雄著『私の戦争』(岩波ジュニア新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒木和雄の関連キーワード山岸純石崎宏矩内山秀夫金子卓義高月清田沢仁花見忠正森成二吉田鎮雄吉野良彦

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒木和雄の関連情報