外務公務員(読み)ガイムコウムイン

  • がいむこうむいん グヮイムコウムヰン
  • がいむこうむいん〔グワイムコウムヰン〕

世界大百科事典 第2版の解説

特命全権大使,特命全権公使,特派大使,政府代表,全権委員,政府代表等の代理・顧問随員ならびに外務職員を総称して外務公務員という(外務公務員法2条1項)。その範囲は外交官観念よりもはるかに広い。ここで外務職員とは,外務省本省に勤務する一般職の国家公務員のうち外交領事事務(これと直接関連する業務を含む)およびその一般的補助業務に従事する者ならびに在外公館に勤務するすべての一般職の国家公務員をいう(同条5項)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

外務公務員法に規定される公務員。特命全権大使・特命全権公使・特派大使・政府代表・全権委員・政府代表または全権委員の代理、特派大使・政府代表または全権委員の顧問・随員、外務職員のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 外務公務員法に規定する公務員。特命全権大使、特派大使、政府代表、全権委員などとそれらの代理、顧問、随員など。その職階制、給与、任免などは国家公務員法の特例とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の外務公務員の言及

【外交官】より

…一般には,外交使節(大使公使)とそのおもな随員をさすが,法令では,外務公務員のうち,主として外交事務に携わる一般職の職員(参事官,一等書記官,二等書記官,三等書記官および外交官補の名称を用いることのできる者)をさす。外交官に関し,イギリスの外交官ウォットンHenry Wotton(1568‐1639)は〈彼の国のために外国に噓をつくために派遣される正直な人間〉と表現し,フランスの外交官カリエールFrançois de Callières(1645‐1717。…

※「外務公務員」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外務公務員の関連情報