コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外反肘 がいはんちゅう cubitus valgus

4件 の用語解説(外反肘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外反肘
がいはんちゅう
cubitus valgus

腕を伸ばして体の両側につけたとき,肘のところで上腕軸と前腕軸とが一直線にならないで,前腕が外方に開いて角度をなすものをいう。人間の肘には生理的に5~12度程度の外反があるが,それ以上になると病的と考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

がいはん‐ちゅう〔グワイハンチウ〕【外反肘】

腕をまっすぐ下ろしたとき、肘(ひじ)を境に、上腕に比べて前腕が外側に反っている状態。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

がいはんちゅう【外反肘 Cubitus Valgus】

[どんな病気か]
 腕をまっすぐに伸ばしたとき、肘(ひじ)のところから親指側(外側)に弯曲(わんきょく)している変形を、外反肘といいます(「内反肘/外反肘」)。
 ほとんどは、上腕骨(じょうわんこつ)の下端(肘)の外側でおこった骨折(外顆骨折(がいかこっせつ))の後遺症が原因です。この部分での骨折は、骨が成長していく先端の部分である成長線(骨端線(こったんせん))にかかるために、変形がおこりやすいのです。
[症状]
 肘の変形が強いときは、成長とともに、肘の内側を走っている尺骨神経(しゃっこつしんけい)がしだいに引っ張られて、まひがおこることがあります。
 尺骨神経まひがおこると、小指にしびれや痛みが生じ、小指を伸ばすのが困難になったり、握力が低下したりします。
[治療]
 変形が強いときは、上腕骨の肘の部分で変形を矯正するように骨を切って(骨切り術)、鋼線やねじ釘(くぎ)で固定します。
 尺骨神経まひがあるときは、神経を周囲から剥離(はくり)して、引っ張られないような場所に移します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版の解説

がいはんちゅう【外反肘】

腕をまっすぐのばしたときに、肘ひじから下の前腕部が外側にまがった形となる肘の変形。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外反肘の関連キーワードジャックナイフ大車輪腰を伸ばすしぇえストリームライン真っすぐな道ベントニー姿勢伸身ファントプッシュアウエー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外反肘の関連情報