外因[東洋医学](読み)がいいん[とうよういがく]

  • がいいん
  • とうよういがく
  • 外因
  • 東洋医学

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東洋医学の病理観である「三因 (外因・内因・不内外因) 」の1つで,おもに6種の異常な気候要素「風・寒・暑・湿・燥・火 (熱) 」をさす。古人は,気候の異常な変化があると悪性の伝染性疾患が起ると考えており,外因にはこれら疾患の病因も含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android