コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外因[東洋医学] がいいんとうよういがく

1件 の用語解説(外因[東洋医学]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外因[東洋医学]
がいいんとうよういがく

東洋医学の病理観である「三因 (外因・内因・不内外因) 」の1つで,おもに6種の異常な気候要素「風・寒・暑・湿・燥・火 (熱) 」をさす。古人は,気候の異常な変化があると悪性の伝染性疾患が起ると考えており,外因にはこれら疾患の病因も含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外因[東洋医学]の関連キーワード基礎医学東洋医学外因洋医精神病理大塚恭男大塚敬節片瀬淡三因方漢方医学

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone