多感(読み)たかん

精選版 日本国語大辞典「多感」の解説

た‐かん【多感】

〘形動〙 じやすく、傷つきやすいさま。感受性のするどいさま。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉一九「彼(か)の多感(タカン)なる美術家風の純之助」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「多感」の解説

た‐かん【多感】

[名・形動]ちょっとしたことにも感情を動かされること。感じやすいこと。また、そのさま。「多感な(の)青年」
[類語]多情鋭敏過敏敏感神経質繊細聡い感じ易いセンシティブデリケートエモーショナルデリカシーナーバス細心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「多感」の解説

【多感】たかん

感傷しやすい。唐・杜牧〔初春感有り、歙州員外に寄す〕 聞く、君も亦た多感なりと 何(いづ)れの處にか干(らんかん)に倚(よ)る

字通「多」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android