コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多感 タカン

デジタル大辞泉の解説

た‐かん【多感】

[名・形動]ちょっとしたことにも感情を動かされること。感じやすいこと。また、そのさま。「多感な(の)青年

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかん【多感】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
感じやすいこと。感受性に富んでいること。また、そのさま。 「 -な青春時代」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

多感の関連キーワードバッハ(Carl Philipp Emanuel Bach)チャイルド・ハロルドの巡礼シャーウッド アンダーソンドクトル・ビュルガーの運命死せる王女のための孔雀舞若きウェルテルの悩みライ麦畑でつかまえてシアーシャ ローナン若きウェルターの悩みセンチメンタリズム伝説のエンドーくん他・咤・多・太・汰天使よ故郷を見よ前古典派の音楽チボー家の人々ダンヌンツィオオースティンブレーデロートーマの心臓レスピナス嬢

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多感の関連情報