コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋭敏 エイビン

デジタル大辞泉の解説

えい‐びん【鋭敏】

[名・形動]
感覚などの鋭いこと。また、そのさま。敏感。「鋭敏な聴覚」
才知が鋭くさといこと。また、そのさま。穎敏。「鋭敏な頭脳」
[派生]えいびんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいびん【鋭敏】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
物事を鋭く感じとる・こと(さま)。敏感。 「 -な感覚」
物事の理解・判断がすばやいこと。頭がきれる・こと(さま)。明敏。穎敏。 「 -な頭脳の持ち主」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鋭敏の関連キーワードヨウ(沃)化カリウムデンプン(澱粉)紙トリフェニルテトラゾリウムクロリドヨウ(沃)素デンプン(澱粉)反応ピーター・S. ビーグル磁気インピーダンス素子エンツェンスベルガーサーミスター温度計自然吸気エンジン『紫式部日記』コール・レートダイナマイトセンシティブネスラー試薬塩素酸塩爆薬沃素澱粉反応アジリティー松本たかし歌のわかれ梶井基次郎目角が強い

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鋭敏の関連情報