神経質(読み)しんけいしつ(英語表記)nervousness

翻訳|nervousness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経質
しんけいしつ
nervousness

精神科医,森田正馬 (1874~1938) によって研究され,日本語のまま各国で用いられるほど有名になった概念。不眠,頭痛,脱力感取越し苦労,めまい,注意散漫などを主徴とする普通神経質と,対人恐怖,不潔恐怖,疾病恐怖,尖鋭恐怖などを主徴とする強迫観念症,そして心悸亢進,呼吸困難,不安などが発作的に現れる発作性神経症の3タイプに分類される。自分の精神状態に対して強く反省,批判することが特徴である。治療は森田の創案した森田療法が有効。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんけい‐しつ【神経質】

[名・形動]
情緒的に不安定で、わずかなことにも過敏に反応して自分を病的な状態だと思い込む気質。
細かいことまでいちいち気に病むさま。「見かけによらず神経質な男」「他人の評価に神経質になる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

神経質【しんけいしつ】

(1)森田正馬の独自の神経症理論に基づいた神経症の一型。通常,森田神経質と呼ばれる。神経衰弱不安神経症強迫神経症を含む。→森田療法(2)普通人が平気で耐えることができる刺激によって神経衰弱状態になる心的性質
→関連項目心臓神経症

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいしつ【神経質】

神経質は,取越苦労,小心,繊細,物事によく気がつくなどの性格特徴を示す一般用語としてよく使われるが,森田正馬はこの言葉を神経症の一類型として使用した。すなわち森田は,今日われわれがいう神経症を神経質とヒステリーに二大別し,神経質をさらに普通神経質(不眠症,頭重・頭痛,頭内朦朧(もうろう),感覚異常,疲労亢進,能率減退,脱力感,胃腸神経症,劣等感,小心,取越し苦労,性的障害,めまい,書痙,耳鳴り,振戦,記憶不良,注意散漫など),強迫観念(対人恐怖,不潔恐怖,疾病恐怖,不完全恐怖,読書恐怖,卒倒恐怖,外出恐怖,吃音恐怖,罪悪恐怖,縁起恐怖,尖鋭恐怖,雑念恐怖,高所恐怖,せんさく癖など),発作性神経症(心悸亢進発作,不安発作,呼吸困難発作など)に分けて説明した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんけいしつ【神経質】

( 名 ・形動 )
刺激や変化に対し神経が過敏である性質。
些細ささいなことまで気にかけるさま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんけい‐しつ【神経質】

〘名〙 (形動)
① 外界からの刺激や環境の変化、身体の変調に対し過敏に反応を起こしやすい素質。一般に、神経が過敏である性質、あるいはそういう性質であるさまをいい、病理的症状として現われる神経衰弱や神経症とは異なる。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「髪に癖ある様子なんどは、神経質(シンケイシツ)の人物らしく」
② 物事を行なうに当たって、細かいところまで配慮して念入りなさま。またそこから一般に、気にしなくてよいような細かいところを気にかける性質をいう。
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉七「家庭的な人ぢゃない。其代り学問にかけると非常に神経質(シンケイシツ)だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神経質の関連情報