コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多胎減数中絶手術 たたいげんすうちゅうぜつしゅじゅつ

1件 の用語解説(多胎減数中絶手術の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

多胎減数中絶手術【たたいげんすうちゅうぜつしゅじゅつ】

双子(双生児)以上の多胎妊娠をした妊婦の妊娠初期に一部の胎児を中絶させて数を減らし,1人か2人の胎児を残して出産する手術のこと。不妊治療のために,排卵誘発薬を用いたり,体外受精の成功率を高くするために2つ以上の受精卵を子宮内に入れることがあるが,これを行うと,多胎妊娠になりやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

多胎減数中絶手術の関連キーワード経妊婦/経産婦多胎妊娠多胎減数手術一卵性双生児双胎妊娠畜生腹二卵性双生児ヴァインベルクの法則(臨床医学)ワインベルクの法則(臨床医学)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone