コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多胎減数中絶手術 たたいげんすうちゅうぜつしゅじゅつ

百科事典マイペディアの解説

多胎減数中絶手術【たたいげんすうちゅうぜつしゅじゅつ】

双子(双生児)以上の多胎妊娠をした妊婦の妊娠初期に一部の胎児を中絶させて数を減らし,1人か2人の胎児を残して出産する手術のこと。不妊治療のために,排卵誘発薬を用いたり,体外受精の成功率を高くするために2つ以上の受精卵を子宮内に入れることがあるが,これを行うと,多胎妊娠になりやすい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

多胎減数中絶手術の関連キーワード脳性小児麻痺妊娠中毒症妊娠中絶未熟児

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android