コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排卵誘発薬 はいらんゆうはつやく

2件 の用語解説(排卵誘発薬の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

排卵誘発薬【はいらんゆうはつやく】

卵胞成熟を促進し,排卵を誘発する薬剤。卵胞刺激ホルモン作用をもつものに妊馬血清性ゴナドトロピンと更年婦人尿性ゴナドトロピンがあり,ともに黄体形成ホルモン作用をもつ絨毛(じゅうもう)性ゴナドトロピンを併用する。
→関連項目多胎減数中絶手術凍結受精卵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はいらんゆうはつやく【排卵誘発薬】

排卵障害の患者に薬剤を投与して排卵を起こさせることを排卵誘発といい,これに用いられる薬剤を排卵誘発薬という。排卵誘発は産婦人科の日常診療で広く用いられるようになり,不妊症の治療に大きな効果をあげている。排卵誘発には多くの方法があり,エストロゲンプロゲステロンを周期的に投与する方法,エストロゲンを一時的に大量投与する方法など卵巣性ステロイドホルモンを用いる方法が古くからあり,現在でも用いられてはいるが,この方法を用いることは少なくなってきている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone