コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜なべ よなべ

3件 の用語解説(夜なべの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜なべ
よなべ

夜間に行う作業。夜,鍋で夜食をつくりつつ仕事をしたところから生れた言葉。夜なべ仕事には粉ひき,糸ひき,苧績 (おう) み,俵編み,草履作り,縄ないなどのわら仕事や,漁村では網の繕いなど多種多様であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よなべ【夜なべ】

夜間に家事を行うこと。ナベとは,夜食用の鍋にちなむといわれる。オナベ,ユウナベなどともいうが,夜分の仕事という意味で夜割(よわり)と呼ぶ地方もある。江戸時代初期の慶安御触書に〈男は作をかせぎ,女房はおはたをかせぎ,夕なべを仕〉とあるように,農民の夜なべは古くからあったとみられる。農村の夜なべ仕事としては,もみすり,稲こき,わら仕事,糸繰り,苧績(おうみ)などが主で,電灯が普及する以前には,照明具として松脂(まつやに)の〈ひで〉や囲炉裏の火,あるいはランプが用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よなべ【夜なべ】

( 名 ) スル
夜間に仕事をすること。また、その仕事。夜業。夜仕事。 [季] 秋。 《 -しにとん〱あがる二階かな /森川暁水 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の夜なべの言及

【八朔】より

…豊作祈願と風祭をかねて宮籠りをする所や嫁の里帰りの日とする所もある。八朔を昼寝の終期,夜なべの初日とする所の多いのは,これ以後が本格的な収穫期に入るからだろう。憑(たのみ)【田中 宣一】。…

※「夜なべ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

夜なべの関連キーワード家事男王事を以て家事を辞す賛襄張行べとべと夜軍家事手伝い小夜食男家事オーペア(Opea、オペア)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夜なべの関連情報