コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜なべ(読み)よなべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜なべ
よなべ

夜間に行う作業。夜,鍋で夜食をつくりつつ仕事をしたところから生れた言葉。夜なべ仕事には粉ひき,糸ひき,苧績 (おう) み,編み,草履作り,ないなどのわら仕事や,漁村では網の繕いなど多種多様であった。夜なべの期間は,秋彼岸から春彼岸までの夜長のときが多いが,共同で行う場合は若者宿娘宿があてられたり,また毎晩場所を変えたりした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よなべ【夜なべ】

夜間に家事を行うこと。ナベとは,夜食用の鍋にちなむといわれる。オナベユウナベなどともいうが,夜分の仕事という意味で夜割(よわり)と呼ぶ地方もある。江戸時代初期の慶安御触書に〈男は作をかせぎ,女房はおはたをかせぎ,夕なべを仕〉とあるように,農民の夜なべは古くからあったとみられる。農村の夜なべ仕事としては,もみすり,稲こき,わら仕事,糸繰り,苧績(おうみ)などが主で,電灯が普及する以前には,照明具として松脂(まつやに)の〈ひで〉や囲炉裏の火,あるいはランプが用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よなべ【夜なべ】

( 名 ) スル
夜間に仕事をすること。また、その仕事。夜業。夜仕事。 [季] 秋。 《 -しにとん〱あがる二階かな /森川暁水 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の夜なべの言及

【八朔】より

…豊作祈願と風祭をかねて宮籠りをする所や嫁の里帰りの日とする所もある。八朔を昼寝の終期,夜なべの初日とする所の多いのは,これ以後が本格的な収穫期に入るからだろう。憑(たのみ)【田中 宣一】。…

※「夜なべ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜なべの関連情報