コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜の果てへの旅 よのはてへのたびVoyage au bout de la nuit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜の果てへの旅
よのはてへのたび
Voyage au bout de la nuit

フランスの小説家ルイ・フェルディナン・セリーヌの小説。 1932年刊。第1次世界大戦に参加して精神と肉体に深い傷を負ったアナキストの学生バルダミュと,彼に分身のごとくつきまとうロバンソンの絶望的な彷徨を綴る。第1次大戦後の不安を定着したセリーヌの代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よるのはてへのたび【夜の果てへの旅】

《原題、〈フランス〉Voyage au bout de la nuitセリーヌの処女小説。1932年刊。俗語や隠語を駆使した革新的な文体で賛否両論を巻き起こした。ルノード賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜の果てへの旅
よるのはてへのたび
Le voyage au bout de la nuit

フランスの作家セリーヌの長編小説。1932年刊。語り手の医学生バルダミュはひょんなきっかけから兵役を志願、第一次世界大戦に駆り出されて負傷、戦争を呪(のろ)いつつ別天地を求めて遍歴の旅に出る。しかしアフリカでは植民地支配の醜さをみせつけられ、アメリカでは機械文明に疎外された人間の形骸(けいがい)をみいだすばかり。絶望したバルダミュは娼婦(しょうふ)モリーの純愛をも振り切ってパリに戻り、医者を開業。場末の貧民街のいじましい日常に身を沈める。戦場以来行く先々に現れる分身ロバンソンの死。俗語を駆使した破格の文体と、それによってのみ可能なユーモアと詩情と醜悪の調和が、この絶望の書を第一級の文学たらしめている。[高坂和彦]
『生田耕作訳『夜の果ての旅』(中公文庫) ▽高坂和彦訳『セリーヌの作品1 夜の果てへの旅』(1985・国書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

夜の果てへの旅の関連キーワード真胡珠央

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android