コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢の遊眠社 ゆめのゆうみんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夢の遊眠社
ゆめのゆうみんしゃ

劇団名。東京大学演劇研究会を母体とし,1976年4月野田秀樹,高萩宏を中心に結成。同年5月東大駒場キャンパス内の駒場小劇場において,野田作『咲かぬ咲かんの桜吹雪は咲き行くほどに咲き立ちて明け暮れないの物語』で旗揚げ。個人のアイデンティティーを疑いつつそれと戯れる,言葉遊びを駆使した芝居づくりで同世代の支持を得た。 81年,「少年」に神話性を求める『少年狩り』で紀伊国屋ホールに進出,1980年代の若者文化を象徴する舞台として知られる。 87年エディンバラ演劇祭,翌年ニューヨーク国際芸術祭に参加。人気の絶頂にあって,92年 10月シアターアプルでの『ゼンダ城の虜』を最後に解散した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

夢の遊眠社の関連キーワード走れメルス円城寺あや島岡安芸和石井洋祐渡辺杉枝学生演劇竹下明子浅野和之野獣降臨上杉祥三朝倉摂

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夢の遊眠社の関連情報